ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)


ファイナンシャルプランナーってなに?FPを簡単に説明してみた記事はこちら⇒FPを3項目で簡単に説明してみた

突然ですが、


お金の知識はありますか?




老後資金は自分で準備しなければならないと言われ始め

知識も浅いまま焦って資産運用に手を出して失敗・・・。

過度な不安からお金を貯めることが人生の目的になっている。


現実はこんな人も少なくありません。



メディアの過度な反応も不安をあおる原因ですが、やっぱり『日本人はお金に対しての知識が乏しい』ということが大きな原因です。



私たちは、学校でお金についての勉強をほとんどしてきませんでした。




2022年から、高校で『資産形成の授業』が開始されますが、私たち大人こそ『お金の勉強』が大切です。



先の見えない世の中ですが、ファイナンシャルプランナーの資格や勉強を通して金融の知識を身につける事は、不安を軽減するための一歩になります。

FPってどんなことができるの

ファイナンシャルプランナーにできる事

ファイナンシャル・プランニングとは、顧客の夢や目標に対して、総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く事を言い、その仕事を担う人を『ファイナンシャル・プランナー』と言います。


具体的な仕事内容は、

  • 家計管理
  • 教育資金や住宅資金の計画
  • 老後の生活設計
  • 資産運用
  • 税制・社会保険や年金について

などの相談業務になります。


なので、FPの勉強をすると、これらの知識が身につくということ。

特に、難易度のあまり高くないFP3級は、お金に対しての入門的な内容を網羅しているため、最近では仕事に活かすためだけでなく、家計管理意識の高い主婦にも人気の資格になっています。

[jin_icon_crown color="#e9546b" size="19px"]1位 スタディング(コスパ最強!)

[jin_icon_crown color="#e9546b" size="19px"]2位 フォーサイト(難関試験が得意!)

[jin_icon_crown color="#e9546b" size="19px"]3位 ユーキャン(安定の老舗講座)

ファイナンシャルプランナー3級を目指すならこちらもおすすめ!!⇒1,000円から学べるFP3級コスパ最強講座の選び方

FP3級と2級の違いとは

FP3級と2級、どちらを受ける?

FPの資格の取得を検討する際に、3級と2級のどちらを取得するかを考えることがあります。



3級と2級では試験の範囲や内容がことなるため、自分がどんな目的で資格の取得を目指すのかを考えるといいでしょう。



家計管理のために、その他お金の知識を身につけたいのであれば、3級でも十分な内容を学ぶことが可能です。



3級は国家資格の中でも合格率が高いので、初めて資格取得を目指す人にはおすすめです。



今後、就職や転職、仕事のキャリアアップのためにFPを検討しているのであれば、2級の取得をおすすめします。




内容は難しくなりますが、3級取得せずにいきなり2級から挑戦することもできるため、時間を短縮して、より上位の資格取得をめざすことが可能です。



FPに必要な知識やスキルとは

FPに必要なスキル

FPとして仕事を行う際には、一般的な金融の知識があることは大前提ですが、

  • 的確なアドバイスと提案力
  • 分かりやすい説明
  • 親身になって相談に乗ってくれる
  • 丁寧な対応

などのスキルも求められます。


まだまだ日本人は金融に関する知識が低いのに対して、接客に対してはとても厳しい目をもっています。仕事として資格を活かすことが目標なら、ファイナンシャルプランナー(FP)の知識と合わせて、接客スキルを磨くことも意識しておきたいですね。



FPになるために必要な資格

ファイナンシャルプランナー(FP)を名乗って活動するためには、『ファイナンシャル・プランニング技能士』という資格を取得する必要があります。


この資格は国家資格で、3級、2級、1級に分かれています。


3級と2級の違いは、簡単に言うと、企業に対してのプランニングができるか否か。



資格を活かして仕事をしていくためには、2級以上の資格取得が好ましいといわれています。

また、民間資格のAFP・CFPといった資格もあり、FPの資格だけで5種類存在しています。


AFPとは?

AFPは日本FP協会が認定する民間資格です。


『AFP認定研修』を受講することが資格取得条件の一つですが、国家試験と違うところは、『2年ごとの資格更新が必要』であること。


国家資格の1~3級は資格を取得すれば一生ものです。


しかし、金融業界は法律や税制改正、社会経済など常に新しい情報が求められる分野です。


本来のFPとしての力を発揮することができるように、AFP研修で継続教育を受けることで質の高いFPの育成に努めています。



AFPになるためには、

AFP認定研修の終了かつ2級FP技能検定(兼AFP資格審査試験)に合格し、期限内にAFP資格登録手続きを行う

といった段階が必要となります。


初めてFPの勉強をする人は、スムーズに2級を目指すことのできる、日本FP協会認定の通信講座を利用する人が多いです。

CFP®とは?

CFP®資格は世界25か国で導入されている、『世界が認めるプロフェッショナルFPの証』です。


FP1級と並ぶ最上位資格で、CFP®は国際資格となります。


資格取得のためには、

  • 3年以上の実務経験(AFP・2級以上の)

が必要となります。

CFP®には認定研修がない為、こちらは省略が難しいのが現状です。



きんざいと日本FP協会、どちらの試験を受けるべき?

きんざいと日本FP協会おすすめは?

FPの試験(CFP以外)は

  • きんざい
  • 日本FP協会

どちらでも受けることが可能です。


しかしCFP®については国際資格のため、業務提携している日本FP協会でしか試験を実施していません。

2級までの資格を目指すのであれば、どちらでもOKなので、問題集や過去問題を見ながら、自分が興味のある分野や、問題の解きやすさで選択しましょう。

FP試験の概要や合格率とは

FPの試験の概要や難易度は、試験によって異なります。

以下に、紹介記事で詳しく説明します。

FP3級

FP3級はお金の入門的な資格のため、比較的合格しやすい試験です。

FP2級

FP2級の試験は、企業へのプランニング業務の項目が追加されています。

解答形式も記述式や選択項目が増えるなど、3級に比べて難易度が上がっていることが特徴です。

FP試験に合格するための勉強方法

FP試験の勉強

FPになるための勉強方法について紹介します。


入門の3級は独学でも合格を目指せる資格ですが、仕事や家事・育児などをしながらの勉強は

時短で効率的

であることが一番大切です。


FP3級の合格のための勉強方法や実際にかかった時間などを、経験をもとに紹介しています。


忙しい人に一番おすすめする勉強方法

せっかく勉強するなら、より上位の資格を最短で取得したいですよね。


でも、毎日仕事や家事、育児に追われる日々で、まともに机に向かう時間を作ることができない人も多いです。


忙しくても、資格取得を頑張りたい人には、

FP3級を取得しなくても、いきなり2級受験資格を得られる

というメリットがある、FP協会認定の通信講座が一番のおすすめです。


ちなみに、最近のファインナンシャルプランナー(FP)講座は動画講義が主流になってきているので、比較してみて自分に合った講座を選ぶことも忘れずに!!


費用ばかりを気にして、安い講座を選んでも、自分に合っていないものは挫折の原因になるので、比較検討は必須です。




賢くFP資格の取得を目指すなら、通信講座のチェックは必ずしておきましょう。