FP試験

知らないと損?FP2級と3級の資格と試験内容の違いとは

アイキャッチ

ファイナンシャルプランナーの資格は、自分の将来に備えたり、仕事にも活かすことのできる役に立つ資格の代表です。


FP3級は『お金の基礎知識』、FP2級は『より専門的なお金の知識』を身につけていることを証明してくれますが、就職や転職に関しては、2級と3級で有利さなどの違いはあるのでしょうか。

この記事では、

  • FPの資格を取得したい方
  • 資格を活かして働きたいと考えている方



に向けて、2級と3級の違いや、どちらを受ければいいのか?また、効率的に資格を取る方法についてお伝えします。

1位 スタディング
    (コスパ最強!)
   FP3級なら5,148円!

2位 フォーサイト
    (難関試験が得意)

3位 ユーキャン
    (安定の老舗講座)

FPの資格、2級と3級ではできることはちがうの?

ライフプランニング

2級と3級の資格の違いの大きな点は『試験で法人・企業に対するプランニングについて問われるか否か』です。


ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は業務独占資格ではありません。



資格がなくてもFPと同じ仕事はできますし、『ファイナンシャルプランナー』と名乗ることも法律上は問題ないのです。



しかし冒頭でも述べましたが、FP3級は『お金の基礎知識』、2級は『より専門的な知識』が証明される資格。




資格を取得していることで、一定以上の知識を身に付けていることの証明になりますし、就職や転職の際にも有利になることが多いです。




特に日本では、より上位の肩書きが好まれる傾向にあります。




相談業務などの実務において、3級と2級なら2級資格を保有している人の方が知識や経験が多く、より信頼できるという印象を与えます。

そういった面からも、3級と2級では知識や経験次第で『できる事の差』はないものの、業務面では、2級資格を取得しておくほうが有利に働くことが多くなると言えます。


FP2級を目指すなら、民間資格である『AFP』の取得も目指しましょう!

FP技能士資格とは違い、2年ごとの更新が必要な資格ですが、絶えず新しい知識を身につけることができるので、働く際にはアピールできますし、FPとしても成長を続けられます。


FP通信講座

費用も勉強時間も抑えて効率的に勉強するなら!!

スマホで完結!5,148円(税込)から始める資格勉強!!すきま時間を有効に使ってFP資格を目指すならスタディングがおすすめです!!
スタディング公式HP

⇒スタディングの口コミや評判を調べるならこちら




日本FP協会認定講座でいきなり2級試験合格を目指すなら!!

評判の動画講義とe-ラーニングでしっかり勉強したい人には難関試験が得意なフォーサイトがおすすめ!!
フォーサイト公式HP

⇒フォーサイトの口コミや評判を調べるならこちら

安定した教材と信頼のユーキャンブランド!テキストを中心に補足的に動画で勉強したい方におすすめです!!
ユーキャン公式HPへ

⇒ユーキャンの口コミや評判を調べるならこちら

ファイナンシャルプランナー3級を目指すならこちらもおすすめ!!⇒1,000円から学べるFP3級コスパ最強講座の選び方



2級FP技能士の取得を目指すなら、いきなり2級試験に挑戦できる『日本FP協会認定講座』がおすすめ!!



費用を抑えたり、勉強時間を短縮できるので、効率的に勉強することができます。

特に、フォーサイトのファイナンシャルプランナー(FP)講座は教材の満足度も高く、動画講義やe-ラーニングなどが有名です。

フォーサイトでFPを目指す!



2級と3級の試験の違いとは

テスト

FP2級と3級の具体的な試験内容の違いはどのようなものでしょうか

FP2級と3級の試験範囲の違い

以下が、学科試験の出題範囲の違いとなります。(下線が2級試験で追加される項目)

ライフプランニングと資金計画リスク管理
ファイナンシャル・プランニングと倫理
ファイナンシャル・プランニングと関連法規
ライフプランニングの考え方・手法
社会保険
公的年金
企業年金・個人年金等
年金と税金
ライフプラン策定上の資金計画
中小法人の資金計画
ローンとカード
ライフプランニングと資金計画の最新の動向
リスクマネジメント
保険制度全般
生命保険
損害保険
第三分野の保険
リスク管理と保険
リスク管理の最新の動向
金融資産運用タックスプランニング
マーケット環境の理解
預貯金・金融類似商品等
投資信託
債券投資
株式投資
外貨建商品
保険商品
金融派生商品
ポートフォリオ運用
金融商品と税金
セーフティネット
関連法規
金融資産運用の最新の動向
わが国の税制
所得税の仕組み
各種所得の内容
損益通算
所得控除
税額控除
所得税の申告と納付
個人住民税
個人事業税
法人税
法人住民税
法人事業税
消費税

会社、役員間および会社間の税務
決算書と法人税申告書
諸外国の税制度

タックスプランニングの最新の動向
不動産相続・事業承継
不動産の見方
不動産の取引
不動産に関する法令上の規制
不動産の取得・保有に係る税金
不動産の譲渡に係る税金
不動産の賃貸
不動産の有効活用
不動産の証券化
不動産の最新の動向
贈与と法律
贈与と税金
相続と法律
相続と税金
相続財産の評価(不動産以外)
相続財産の評価(不動産)
不動産の相続対策
相続と保険の活用
事業承継対策
事業と経営

相続・事業承継の最新の動向



このようにFP2級では、企業に対するファイナンシャルプランニングの項目が追加されています。

複雑な企業のお金に関する知識が求められるFP2級の試験は、3級に比べて内容も難しくなっていることが分かります。



2級資格取得後には個人へのプランニングにとどまらず、知識を活かせる場も広がりますね。



FP2級と3級の試験解答方法の違い

FP2級と3級では、試験の解答方法も変わります。

FP2級FP3級
学科マークシート
(4択60問)
マークシート
(2択30問、3択30問)
実技記述マークシート

FP3級では、学科・実技すべての問題がマークシート形式のため、問題の中に答えがあります。

その中から選択するだけなので、極論を言えばとても運が良ければ、勉強をしなくても合格する可能性はあります。

しかしFP2級の試験では、学科のマークシートの選択肢が増え、実技試験も記述式問題となるため、勉強不足では合格することが非常に難しくなります。



FP3級は独学で合格できても、FP2級は膨大な勉強量をこなし出題傾向と対策を身に付けておく必要があるでしょう。

だから通信講座なども『FP2級』に特化した講座が多いんですね。

編集長

通信講座は、過去の問題の傾向や、頻出問題を網羅し、要点をわかりやすくまとめている教材が魅力ですね。


独学ではモチベーション維持も課題ですが、動画講義などを利用して時短&効率的な勉強ができる通信講座なら理解も早いでしょう。

費用も勉強時間も抑えて効率的に勉強するなら!!

スマホで完結!5,148円(税込)から始める資格勉強!!すきま時間を有効に使ってFP資格を目指すならスタディングがおすすめです!!
スタディング公式HP

⇒スタディングの口コミや評判を調べるならこちら




日本FP協会認定講座でいきなり2級試験合格を目指すなら!!

評判の動画講義とe-ラーニングでしっかり勉強したい人には難関試験が得意なフォーサイトがおすすめ!!
フォーサイト公式HP

⇒フォーサイトの口コミや評判を調べるならこちら

安定した教材と信頼のユーキャンブランド!テキストを中心に補足的に動画で勉強したい方におすすめです!!
ユーキャン公式HPへ

⇒ユーキャンの口コミや評判を調べるならこちら




就職に活かすなら2級以上がいいってほんと?

履歴書

世の中にはさまざまな資格試験が存在しますが、ほとんどの資格で、就職に活かすことができるのは2級以上といわれています。

履歴書に書く際も、2級以上の資格保有があれば、アピールポイントになります。



FPの資格も例に漏れず、3級よりも2級のほうが印象としては良いでしょう。


さらに就職に有利にするために知っておきたいポイントは、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は他の資格との相性が良いということ。(ダブルライセンスに向いています。)


ダブルライセンスなら、FP3級までの取得の方であっても、自分を売り込むことが十分できるでしょう。



FP資格はその他の資格との組み合わせが強い

ダブルライセンス


ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持っていることで、お金に関する専門的な知識があることは証明できるのですが、FPが活躍する場である保険不動産といった業界ではそのほかにも専門的な資格があります。

編集長

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格だけでは、その力を十分に発揮することができない場面もあるようです。


専門的な業種の中で、FPの資格を活かすためには、プラスαの資格を組み合わせることも必要になってきます。


たとえば、

FP資格+税理士資格

FP資格+宅地建物取引士資格

ぱっと見ただけでも、プロ感が出ますよね。



ファイナンシャルプランナー(FP)の資格とそのほかの資格を併せ持つことで、より専門的な印象を与えることができますし、実際に相談業務の幅も広がります。


将来の不安からお金に興味を持つ方も多く、FPの資格の認知度や需要も高くなっています。


ぜひ資格を活かした働き方も考えてみましょう。




ちなみに、上記のような王道の資格の組み合わせでなくても、今お持ちの資格や知識との組み合わせ次第では、競合の少ない仕事を見つけることも可能かもしれません。


例えば

FP+医療や介護の資格

FP+子育てや教育費の知識

などは、生活に直結している内容ですし興味のある方も多いジャンルです。



今保有している資格や、趣味などで蓄えた知識を一度棚卸ししてみてはいかがでしょうか。



FP2級を持つならAFPの資格を取っておこう

FP2級を取得することで、AFPという民間資格も取得することが出来ます。(所定の認定研修を修了し、手続きが必要。)

このAFPの資格は、FP2級にプラスして保有していると、さらに就職に有利であると言われています。

理由は、AFPは2年ごとに更新が必要だから。


AFPの資格を継続して保有するためには、FPとして絶えず新しい知識を更新していかなければなりません。



一度取得したら更新の必要のない国家試験の『FP技能士』に比べ、AFPは常に新しい知識を身に付けていること証明できます。



FP3級の試験を飛ばして2級を取得する方法

FPの勉強

FPの資格を就職に生かすためには

  • FP2級の資格を取る(AFP資格もあるとなお良い)
  • FP資格+別の資格の組み合わせは強い

ということを説明してきました。

通常であれば、資格試験は3級→2級→1級と、段階を踏んで取得することが一般的なのですが、FPの資格は認定された講座などを受講することで、3級を飛ばして2級の資格試験を受けることができます。

FPの資格を2級から取得できる勉強方法

FP3級の資格は、独学でも十分合格を目指すことができます。


しかしFP2級になるといきなり難易度が上がり、合格率も下がってしまうので、独学で合格を目指すにはハードルが高くなります。


2級と3級の資格の違いが分かれば、自分がどちらの資格取得をめざすべきかも分かりますね。



就職や転職、私生活にまで活かせるファイナンシャルプランナー(FP)資格なら、断然2級をめざす方がおすすめです。


本来なら2級試験には受験資格がありますが、日本FP協会認定の講座を受講して勉強すれば、3級の試験を受けなくても2級受験資格を得ることが可能です。


もちろん、3級⇒2級と資格を取得する方法は段階的に勉強をすすめられます。でも、受験料や各教材費が割高になりがち。



人によっては費用面で損してしまうこともあるかもしれません。


忙しい毎日の中で、効率的に勉強するためにも、いきなり2級受験を目指せる通信講座を検討してみましょう!!

おすすめファイナンシャルプランナー(FP)通信講座

日本FP協会認定講座でいきなり2級試験合格を目指すなら!!

評判の動画講義とe-ラーニングでしっかり勉強したい人には難関試験が得意なフォーサイトをおすすめ!!
フォーサイト公式HPへ


安定した教材と信頼のユーキャンブランド!テキストを中心に補足的に動画で勉強したい方におすすめです!!
ユーキャン公式HPへ



特にフォーサイトのファイナンシャルプランナー(FP)講座は、動画講義やe-ラーニングが評判です。



公式サイトでは、無料のサンプル講義を確認したり、手元に資料請求することもできるので、一度チェックしてみることをおすすめします。



フォーサイトは合格に向けた隙の無い教材と、短期間での資格取得を目指すカリキュラムが人気の講座です。
フォーサイト公式HPへ




また、番外編ではありますが、最近人気のスタディングもFP講座の教材が充実しています


スマホ完結型のオンライン講義で、すきま時間を狙って知識の習得ができるスタディングは、忙しい人にぴったりの講座!コストパフォーマンスでどこの講座よりも優秀です!! 

受講者数10万人突破の
スタディング!!

スタディング

スマホ完結型で“すきま時間”勉強!


FP講座費用は5,148円(税込)から!
業界最安値レベルで人気上昇中の
オンライン講座です!

FP3級なら5,148円!
\ スマホで動画講義が受けられる /
スタディング公式ページ


賢く教材を選んで、ファイナンシャルプランナー(FP)資格の取得を目指しましょう!!