Webデザイナーになるために必要な3つのこと

  1. どんなWebデザイナーになりたいか自己分析
  2. 最短で自走力と問題解決能力を鍛える
  3. インプットよりもアウトプット

これからWebデザインを学ぼうと考えているあなたに、この3つを意識してほしいです。

私は兼業Webデザイナーとして月に数万円の収入を得ていますが、Webデザインは独学で学びました。(どうして兼業を選んだのか気になる人はプロフィールをどうぞ。)

学び方は人それぞれです。でも振り返ってみると、この3つを意識していたらもっと早くスキルを習得できていたと思います。

このサイトでは、そんな経験も生かしながら

  • 初心者向けのスクール
  • Webデザイナーになるためのstep
  • 必要な経験や考え方

などの情報を発信しています。

Webデザイン。

大変なことも多くてたまに発狂しそうになるけど、楽しいから今日も兼業デザイナーやってます!


これから一歩を踏み出す方の参考になればうれしいです。

編集長

こんにちは!!

『時短派スキルアップ実践ガイド』はスキルアップを目指す人に分かりやすくスクール情報を発信している資格情報サイトです。

編集長の専門分野なので、主にWebデザインに特化したスクールや講座をどこよりも詳しく紹介することを目指し、実際の受講者などからの一次情報をお届けしています。

Webデザイナースクールは数ありますが、習得できる知識やスキルのレベル差が大きいという特徴があります。

  • 難しくて挫折した
  • デザインソフトの使い方しかわからなかった
  • 結局スキルが活かせない

こんな事にないためにも、挫折しやすいWebデザイン学習は誰から教わるかが一番大切です。

さらに、2021年~Webデザインスクールに注目が集まり受講者が増えました。一部では先輩たちがデザイナーとして活躍し始めた時期でもあります。私たちは情報を得やすくなった半面、タイミングを逃すと出遅れてしまう人も…。

このタイミングで一歩を踏み出す準備を始めましょう!

まず比較してほしいスクールNo.1

テックアカデミー(TechAcademy)
未経験からでも現役メンター(講師)がマンツーマンで学習サポートをしてくれるスクールです。
Webデザインが学べるスクールの中でも、コスパ、講座数、カリキュラム内容はトップクラス。
卒業後も継続学習できるので、受講料分しっかり元を取るまで学んじゃいましょう。

テックアカデミー紹介

Webデザインだけでなく、UI/UXデザインや動画編集、フリーランスコースなど自分の目指すキャリアに合ったコースが選べます。

メンタリングは週2回
15~23時までのチャットサポート
回数無制限の課題レビュー
全コース転職サポートあり

テックアカデミー公式HP

無料体験だけでなく、説明会動画やオススメコース診断もやっています。

一歩を踏み出すか悩んでいる人も無料コンテンツで確認してみてはどうでしょうか。

無料体験では、プログラミングの入門としてWebの仕組み、HTML/CSS、Javascriptを利用します。これらはWebデザインでも生きるスキルなのでぜひ体験してみて下さい。
※MacまたはWindowsのパソコン、インターネット環境の準備が必要です。

Webデザインが注目される理由とは?

人生をちょっと豊かにできる資格や知識・スキルは、なくても生きていけますが、身に付けていることで人生の可能性は驚くほど広がります。

各業界でDX(デジタル・トランスフォーメーション)が推奨される現在、特にWeb、IT、デジタル業界の成長は著しく、注目度もどんどん加速しています。

その中でも、幅広いジャンルで活躍できるスキルの一つがWebデザインです。

Webデザインで広がる働き方

エンジニアは技術的な面でも向き不向きの面でも成功が難しい業種ですが、Webデザインの知識やスキルは広く一般的に重宝される傾向にあります。

  • デザイン会社への就職・転職
  • 会社でのキャリアアップ
  • 個人ブログ・趣味ブログ運営
  • クラウドソーシングでの副業・お小遣い稼ぎ
  • フリーランスWebデザイナー

など、Webデザインのスキルを身に付けると、今よりも選択肢を広げることができます。

この選択肢の多さが、学生から社会人、主婦など年代性別問わずにWebデザインが注目されている理由です。

Webデザインを学ぶ方法

これからWebデザインを学ぼうと考えている方は、

  • 独学
  • スクール受講
  • Web制作会社への就職

のどれかを利用して勉強することになると思いますが、私個人の意見としては、Web制作会社への就職が一番だと考えています。


その理由は

Webデザインは1人で学ぶには限界があるから。

Webデザインは独学でも画像処理ツールの使い方を学ぶ事は出来ます。

でも、実際に現場でどんなデザインが求められているか、クライアントとのやり取りや仕事に活かせるレベルなどが分かりにくいことが多いのも事実。

Web制作会社では以下のようなことを学ぶ事ができます。

  • プロのデザインのレベル
  • 仕事効率
  • 必要なスキル
  • 他業種間との分業
  • 打ち合わせ(企画~修正まで)
  • 仕事が収入になるまでの課程

現場でどのように仕事をし、どのレベルでクライアントと打ち合わせをするのかなど、実際の『仕事』を見て成長することができるのです。

Webデザインを趣味で楽しむなら独学でも十分ですが、ほとんどの人がWebデザインを通じて収入を得ることが目的のはずです。

それなら、実際に作品がお金に代わるまでを学べる環境に身を置くことが一番の近道です。

編集長

ただし、最近は新卒や20代の就職・転職は有利でも、30代や未経験での就職は難しいのが現状です。


なので、総合的に考えてみると多くの人におすすめできるのは、やっぱりスクールでの勉強ということになります。

スクールで学ぶメリットとデメリット

Webデザインには以下のような挫折しやすいポイントがいくつかあります。

  • 初心者にとって専用ソフトや用語理解が難しい
  • モチベーションが維持しにくい
  • つまずいたところで無駄な時間がとられる
  • リアルな流れが分かりにくい
  • Web業界は常に新しい情報やトレンドが更新されるため、独学のスピードでは追いつけない
  • 独学後に収入に結びつかない


などです。

これらを解決しながら短期間で知識とスキルを習得することができるのが『スクール学習』です。

スクールにも種類がありますが、大きく分けて

  1. 通学スクール
  2. オンライン/通学併用スクール
  3. オンライン型スクール(マンツーマン・集団)
  4. オンライン型動画講義スクール

などが主流です。

Webデザインを専門で扱っているスクールもありますが、中にはプログラミングスクールのコースや講座の一部として設定されているものや個人運営スクールもあり、その数は現在も増え続けています。

挫折せずに最短で必要なスキルをリーズナブルに学べて、収入に繋げていけるスクール…。そんな夢のようなスクールがあれば教えてほしいです。


スクールによって特色を出して差別化を図っていますが、実際のところは『一番自分に合ったスクール』を見つけた人がスキルアップに成功しているのです。

無料のコンテンツからプランによっては100万円以上まで費用にも幅がありますが、無料だからコンテンツが悪いということでも、高額だから必ず稼げるようになれるわけでもありません。

スクール選びの際にはいくつかを比較検討し、説明会や無料体験をして『ここなら勉強できる』と思えるスクールを選ぶことが失敗しない一番のコツです。

編集長

このサイトでは、ママWebデザイナーとして活動している私がまとめた年齢別・状況別でおすすめできるスクールをまとめた記事も紹介しています。

ぜひ参考にしてみて下さい。


年代性別問わず人気のプログラミングやWebデザイン

パソコン

IT後進国の日本では、デジタル庁創設に大きな注目が向けられています。
学習指導要領の改定で小学生からプログラミング学習が導入されたのも記憶に新しいところです。

これに伴い数年前からプログラミング学習に人気が集まりはじめ、現在ではたくさんのプログラミングスクールが受講生を募集しています。

パソコンさえあれば居住地や生活スタイルにとらわれない働き方を実現することも可能で、コロナ禍も追い風となりプログラミング学習を始める人も増加。

まだまだ人手不足の業界のため、好条件な就職や転職に有利なスキルとして人気があります。

一方で、パソコンに向かってひたすらコーディングをしたり、慣れない学習になじめず挫折率は受講者の約9割と言われている世界です。

独学での学習は難しく、成功するためには『自分に合ったスクール選び』が一番大切なポイント。

受け身にならず自分で学習を続ける力=自走力も必要と言われています。

プログラミング技術を活かした代表的な職業としては

  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • Webデザイナー

などがあります。

特にシステムエンジニアは、需要はあるものの難易度が高く地味な作業が続くため、初心者からはハードルが高く嫌煙されがち。

反対に、華やかな印象を持たれやすいWebデザイナーに興味を持つ人もいるようです。

どうしてWebデザイナーが人気なの?

『デザイン』とつくだけに、サイトの見た目やレイアウトだけを作るものと考えられることも人気の理由として考えられます。

おしゃれでスタイリッシュなサイトが自分で作れて、それを仕事にできるといわれると、誰だって憧れますよね。

イメージが年功することで、年代・性別問わずにWebデザインを学んでみたいという人が増え、結果的にプログラマーやエンジニアといった仕事よりも華やかで取り掛かりやすさを感じる人もいるようです。

編集長

副業としても注目されているようになったことで、初心者向けの講座が多いのも特徴です。

でも実際はものすごく地道で根気のいる作業の繰り返し。

クライアントの目的や要望のくみ上げ
ターゲットユーザー目線でのサイト作成
作成(修正)したものを基に打ち合わせ

これを何度も繰り返してWebサイトをデザインするため、実際には自分が作りたいと思っているものとは真逆の方向となることもあります。

力作が没ボツになり、自分ではあまり気に入っていない候補が採用される事だってある世界。

Webデザインは視覚的に見える『見た目』を作ることだけではなく、戦略を立てながらクライアントやユーザー目線で作り上げていく仕事です。

この先就職や転職、副業・フリーランスなど道は違っても、Webデザインを仕事をする以上、クライアントもサイト訪問者もすべてが顧客と言う考え方でサイトを作成する必要があることを忘れないでください。

Webデザインにセンスはほとんど必要なく、しっかりと体系的な知識とスキルを身に付ければ、収入につなげやすいといわれています。

このサイトを通じて自分に合ったスクールを見つけ、ぜひ一歩を踏み出してみませんか?

Webデザインをもっと詳しく!


他にもある!スキルアップに役立つ資格

このサイトでは、Webデザインのほかにもスキルアップに人気の資格も紹介しています。

5年後・10年後を考えたとき、自分の強みになるスキルってとても大切ですよね。

今から始められる学びや、短期間で取得できる資格も紹介していますので、参考にしてみて下さい。

何から始めたらいいかわからない!
どんな資格があるのか知りたい!
そんな人におすすめしたい資格を
まとめました。



資格やスキルで人生はどんな方向にも変えられる!

資格を取る理由は人それぞれですが、社会人になってスキルアップするのは時間や費用の面でもすごく大変ですよね。


それでも資格市場はどんどん規模を拡大中!!

編集長

副業の解禁や働き方の多様化が進み、『挑戦したい』と言う人が増えているということですね

新しいことに挑戦するって楽しいですよね!



世の中には、数えきれないジャンルや種類のスキルがありますが、大きく分けて、2つに分類されます。

仕事や収入に直結するスキル
生活を豊かにする趣味系スキル


編集長

どちらも人生を豊かにするためには必要です。




でも、大事にしたいのはスキルの習得で満足してしまわないこと。

せっかく資格取得やスキルアップを目指すなら、それを仕事や生活に活かしてこそ意味があると思いませんか?

編集長

このサイトでは、あなたにとっての活かせる資格を見つけてもらいたいというのが一つのテーマになっています。

このサイトが資格取得やスクール選びの一助になれば幸いです。

サイトの概要

このサイトは、

TOPサイト紹介


こんな方の悩みや疑問に答えるために、社会人、特に女性や主婦に人気の職種・資格を中心に、働き方・資格の取り方・おすすめの勉強方法などを日々研究、情報発信しています。