コラム

資格×〇〇!!資格を最大限に活かしてお金を稼ぐ考え方

アイキャッチ

『資格』は、その分野の専門性や知識・技術を他者に証明するためのツールです。資格を持っていなくてもその分野に長けている人はたくさんいますし、資格をもっている人よりも経験豊富な人もいます。

でも、正式な機関や試験などを得て取得した『資格』があれば、だれが見ても一定水準の基礎が備わっていることを証明することができますし、仕事上でも就職や転職の際に自分をアピールすることができます。

さらに、医師や弁護士、薬剤師など名称独占・業務独占資格の国家資格の場合、その資格を有していることが仕事に従事するための条件であったりします。

『資格』は持っていれば有利になることが多いのですが、持っているだけでは役に立ちませんし、収入に直接結び付けることもできません。

せっかくなら、頑張って取得した資格を使ってがっちり稼ぎたい!!

編集長

資格は取って終わりにしちゃだめ。せっかく勉強を頑張ったんですから、資格を最大限に活かして収入に結び付けることが大切です!

この記事では、今ある資格や、これから取得予定の資格に〇〇をかけ合わせることで資格をもっと価値あるものにするための考え方を紹介しています。


漠然と資格が欲しいと考えている方もこの記事を読むことで、より広い視野で『資格』を見ることができるようになります。

資格を活かして稼ぐための『資格×〇〇』の考え方

資格にはいろいろなものがありますが、単体で活かそうと思っても、みんなが持っている資格や仕事とのジャンル違いなどで、なかなか活かす機会が少ないものです。


例えば、就活の際に役に立つかもと資格取得したMOS秘書検定簿記などの資格を持て余している人はいないでしょうか。

これらの資格は有名だけど、学生時代に取得する人も多くいて、就活の場では周りの人達も同様に履歴書に書いていることが考えられる資格です。

その場合アピールとしての力が半減してしまうし、多くの就職希望者の中であなたがその他大勢に紛れてしまう可能性もあります。

せっかく取得したのに役に立たないかもしれないってことですか??

編集長

そう思うよね。

でも、資格を最大限に活かす方法を知れば自己アピールにつなげられるし、自分にしかできない仕事を見出すこともできるようになるよ。

その考え方の基本が『資格×〇〇』!!



資格を最大限に活かして収入を得るためのカギとなるのが、資格に何かを組み合わせて付加価値を与える『資格×〇〇』という考え方です。

例えば、就活の際に上記の資格の中から、

MOS×簿記

の資格を組み合わせたとします。

すると、パソコンの操作×簿記の基礎が身についている事を証明できるため、経理などの仕事では戦力としてアピールするこができます。

このように資格×〇〇とは、資格単体で売り込んだり仕事に活かしていく方法ではなく資格をより専門的に見せ、自分がどのように活躍できるかを具体的に示すことができる考え方です。

資格×〇〇は十人十色

資格に組み合わせる〇〇は、人によってさまざまです。

自分が好きなことや、今まで頑張ってきた事を組み合わせてもいいですし、同じジャンル同士を組み合わせて専門性を高めることも。可能です。

この資格×〇〇は自分にしかない個性を生み出すことができるので、組み合わせは人それぞれ、十人十色の方法で資格を最大限に活かすことが可能です

資格×資格!1つよりも合わせ技

資格は資格との相性がとてもいいです。より専門的な知識を身につける事ができ、相手にも伝わりやすいのがこの方法です。

組み合わせ例

資格×資格の組み合わせは無限大です。

ジャンルの違う資格同士も、活かし方によっては新しいビジネスになる事も十分に考えられるので、あなたらしい組み合わせをぜひ見つけてください。

人気の資格である『保育士』。保育士の仕事は子供を預かる責任感と、子どもたちの成長をサポートする大切な仕事です。共働きの家庭が増え、待機児童問題なども話題になりますよね。保育士の給料の底上げなども注目されています。これからも需要が見込める保育士の資格ですが、ほかの資格と組み合わせてみると

  • 保育士×アンガーマネジメント
  • 保育士×FP
  • 保育士×ベビーマッサージ
  • 保育士×収納アドバイザー

などなど、いろいろな資格との相性がよさそうです。

子どものおもちゃや衣類・思い出の品などの整理収納に困っているご家庭も多いですし、つい子供に強く当たってしまう親御さんもどこかに相談したかったり、子育てに関する怒りのコントロールを学びたい方にもアドバイスできます。

他にも、主婦に人気の『登録販売者』の資格。第二類医薬品と第三類医薬品の販売(日本で扱われている一般医薬品の約9割にあたる)ができる資格です。

  • 登録販売者×TOEICや英検
  • 登録販売者×食品衛生責任者


医薬品に関わらず、販売の仕事に関わる際は、プラス英会話能力があると接客対応時に重宝されます。さらに、販売士はドラッグストアや薬局だけでなく、スーパーやコンビニでも資格を活かすことができますので、食品衛生に関する資格との組み合わせも就職や転職などにアピールできますね。

このように、資格単体ではなく、資格×資格の最強タッグで、自分にしかできない働き方を見出すことが、資格を活かして稼ぐためのポイントです。

資格×経験!昔取得した資格を見直して収入に結び付ける

就活や前職などで取得した資格はありませんか?


資格は一度取ると生涯使えるものから、定期的に講習などを受けて更新していくものがあります。昔取った資格を活かしきれずにそのままにしている場合はとてももったいないです。

特に前職などで必要になった資格であれば、資格と経験もあるジャンルが多いと思いますので、生かさない手はないですね。

資格に経験をかけ合わせることで、あなたの言葉や説明に説得力が加わります。

人は、未経験者と経験者がいた場合、経験者からの話に納得しやすい生き物です。これを権威性と言いますが、あなたの経験はあなたの貴重な財産ですので十分に活用していくべきです。

組み合わせ例

資格×経験の例として、簿記の資格で考えてみます。

簿記の資格×経験1年

簿記の経験×10年

どちらがより即戦力になりそうですか?もちろん子育て期間としてブランクがあるかもしれませんし、10年前よりもPCでの仕事量が増えているかもしれませんが、経験年数が多いほうが安心して仕事を任せていけそうですよね。

他にも、

コーヒーの資格や知識×開業5年

コーヒーの資格や知識×開業20年

開業年数が多いほうが経験を積んでいて、より自分に合った美味しいコーヒーに出会えそうです。

経験は武器です。特に、現在主婦の方で、結婚前もしくは出産前までに働いていた仕事での経験がどんな役に立つかイメージできない方は、一度ご自身の持っている資格や、やってきた仕事に就いて棚卸ししてみましょう。

武器になる経験がきっとあるはずです。

資格×今の仕事!仕事の延長線の資格が一番効率的

現在あなたはどのような仕事に就いていますか?もしくはどのような仕事に就きたいと考えていますか?

資格は取得したことが役に立って初めて意味があります。一番効果が出るのが早く、収入につなげやすいのは『資格×今の仕事』です。

現在の仕事を続けるにあたり、会社から取得を進められている資格があれば、昇給や手当の対象になることもあるため、収入に一番早く結びつけることができます。

また、現在仕事をしていない場合でも、働きたい職種に合わせて資格を選ぶことで就職に役立ったり、給料面での待遇が変わることもあります。

即効性を狙うなら、この組み合わせをまず考えて資格を選んだり、資格取得していくことをおすすめします。

組み合わせ例

今どのような仕事に就いているかにもよりますし、職場で昇給対象になっている資格も企業によって異なります。この辺りはご自身の職場での確認になりますが、周りの知人などから聞いた組み合わせをいくつか紹介します。

デスクワーク×ボディケアセラピスト

保険外交員×投資診断士

看護師×食育の資格

飲食業×食に関する資格

個人的には、デスクワーク×ボディセラピストやマッサージなどのカラダのメンテナンスに関わる資格の組み合わせが面白いなと感じました。

直接収入にはつながりにくいが、他者へのアドバイスや経験を積むことで、専門としてゆくゆくは独立もできそうな組み合わせです。

他にもある資格×〇〇

資格×経験

資格に今までの経験をプラスすることで、より専門的な知識を活用したり、経験からのアドバイスなどをすることができるようになります。

経験は、インターネットや本などの受け売りでは説明できないあなただけの大切な資産の一つです。これを活かすことができれば、お客様へよりリアルにアドバイスすることもできますし、経験談などは求めている人も多いもの。資格と組み合わせることで、あなたの言葉や技術、サービスなどに深みをプラスすることができるようになります。

資格×趣味

たとえば、趣味で始めたネイルや可愛いハンドメイド。趣味の延長線に、就職や開業、講師の道などがあります。もともと趣味だったことが、いつの間にか仕事に繋がるケースです。

この場合は、ネイルアートの資格を取得したり、ハンドメイドの協会が主催する講師認定などに合格することで仕事への道が開けます。

コーヒーが好きだったり、カフェめぐりが趣味な人は、いつか自分の店を持ちたいと思う人もいて、コーヒーについての勉強、資格などを取得して開業の夢と結び付けることもできますね。

今から資格を取るなら、資格×〇〇できる資格を探そう

今から資格を取得して、仕事や就職、転職などに活かしたいと考えている方は、この資格×〇〇の考え方を基にどんな資格が自分や仕事に向いているのかを考えてみてください。

組み合わせ方は人それぞれですし、同じ掛け合わせでも人によって活かし方も変わってくるので、その他大勢からの脱却を目指すことができます。

資格×〇〇で収入を得るためのまとめ

資格はそれ単体で活かすこともできますが、〇〇と組み合わせることでその力を最大限に発揮することができます。

今持っている資格や、現在就いている職業との組み合わせで考えてみると、効果が出やすく、挑戦もしやすい方法と言えます。

資格をうまく活かせず資格マニアで終わらないためにも、収入につなげるという目的から資格を探したり、取得のための勉強をしていきましょう。