ゼロイチWEBデザイン

ゼロイチWEBデザインはどう?噂の料金や内容・評判、口コミまとめ(日本デザインスクール)

ゼロイチWEBデザインはバナーやLP(ランディングページ)作成のスキルをグループレッスンで習得することのできるWebデザインスクールです。

ゼロイチWEBデザインは…
  • バナー・LP制作のレベルを上げたい
  • 一緒に頑張れる仲間と勉強したい
  • WEBデザインを楽しみたい

こんな人に向いているスクールです。

一方では、

  • デザイナーとして就職・転職を目指している
  • コーディングまでできるデザイナーになりたい
  • 費用投資は最小限にとどめたい

こんな人は、他のスクールも比較検討してみることをおすすめします。

これからスクールを選ぶなら、どんなメリット・デメリットがあるのかをしっかり理解して、自分に合ったスクールでWebデザインを学びましょう。

ゼロイチWEBデザインってどんなところ?

ゼロイチWEBデザインではWebデザイン初心者からPhotoshopなどのツールの使い方を学んでバナーやLP(ランディングページ)作成スキルの習得を目指します。

実際のスクール受講やオンライン受講(現在はこっちの方がメイン)することができ、少人数クラス制なので、受講生同士がモチベーション維持にもつながります。

Webデザインスクールには珍しく、初級編・中級編といったレベルわけをしていて、それぞれに受講料がかかるシステムを導入しています。

モチベーション維持が不得意な人や、誰かと一緒に学びたいという人には向いている学習スタイルですが、受講費用の面ではよく話題になっています。

ゼロイチWEBデザインの運営企業は?

ゼロイチWEBデザインの運営元は、(株)日本デザイン。

ECサイト作成やLP作成を事業内容としたデザイン会社で、公式サイトでは実績も多く掲載されています。

WEBデザインを専門にしている制作会社が直接運営しているスクールというのは、現場で活かせるスキルを習得するにはベストな環境でもあります。

ゼロイチWEBデザインの料金はそんなに高いの?

ゼロイチWEBデザインの受講費用が段階的に引き上げられていると話題で、「ぼったくり疑惑」があるようですが、このあたりはどうなのでしょうか。

このスクールでは

  • 入門編
  • 中級編

と段階を追ってステップアップしていくため、それぞれに受講料がかかります。

もちろん、自分の求めているスキルまで習得できれば初級編のみで卒業してもOKです。

それぞれの受講料について紹介していきます。

入門編の料金

入門編の費用は

一般受講
(税込)
68,297×12か月
モニター受講
(税込)
60,289×12か月
期間45日
習得スキル Photoshop,バナー作成,配色・レイアウト,HTML/CSSの基礎知識
モニター条件 感想文と作品をSNS(Instagram、Facebook)投稿 / 作品の紹介/お顔出しOK
個別レッスンオプションで可

45日でバナー作成を習得するということなのですが、約73万円(モニター受講の場合)となると、やはり高額と感じてしまいます。

この金額を払うなら、Photoshopの使い方であれば書店にあるガイドブックやUdemyなどの動画レッスンでも数千円~数万円である程度の知識を習得することができます。

世の中に出回っているバナーをお手本に何度も自分で作ってみた方が、自分で調べて解決する力を習得しやすいというのも個人的な感想です。

編集長

Web業界では、問題解決能力や自走力を鍛えることも大切です。

中級編の料金

中級編は入門編からのステップアップ講座となるため、入門編を受講した人しか受講することができません。

一般受講
クレジット
(税込)
1,026,168円~
一般受講
銀行振込
(税込)
986,700円~
モニター受講:クレジット
(税込)
946,088円~
モニター受講:銀行振込909,700円~
キャンペーンあり入門編からの継続の際に割引
(条件あり)

下記は一括で支払った際の最安値を掲載しています。

入門編+中級編を受講すると、170万円以上かかることになりますね。


一般的な感覚でいえば、すぐに受講を決めるには高すぎる金額ではないでしょうか。

とはいえ、公式サイトでも紹介されている受講生の作品は、レベルが高いと感じます。

その他にも、Facebookやインスタグラム、ピンタレストでも受講生の作品を紹介しているので、一度見てみるのもおすすめ。


実際には独学でいきなり高品質のLPを作成するのは難しいです。

クラウドソーシングでも、LPやバナーはコンペ形式であることが多いので、自分の作品が選ばれえるためには品質は大切です。

公開されている作品は講師の添削・修正の入った完成品ではありますが、未経験から数か月でこれだけスキルアップできるといわれると、受講検討したくなるかもしれません。

料金が高い理由とは

ゼロイチWEBデザインの受講料は他のスクールと比べるとかなり高い価格帯ですが、その理由としては、広告宣伝費が一番に考えられます。

YouTubeでの情報発信を多くしているゼロイチWEBデザインでは、広告出稿や動画内での対談に有名人を起用するなど、知名度を上げるための費用が多く投入されている印象を受けます。

Webデザインスクールは近年増加傾向にあるため、スクールの知名度を上げたり、差別化を図るためにも広告宣伝に費用投下は必要ですが、その分受講料にしわ寄せがきていないことを祈ります。

ゼロイチWEBデザインで学べる事

ではゼロイチWEBデザインでは具体的にどんなスキルの習得ができるのでしょうか。

入門編・中級編に分けてみていきましょう。

入門編

入門編で学ぶのはWebデザインの基礎部分。

デザインに必要なPhotoshopの使い方から、配色、配置などを学んでバナー作成スキルを習得。

初めてデザインツールを使う人にとっては、一つ一つの機能を理解するだけでも時間がかかる所ですし、ここで難しさを感じて「自分には向いていない」と挫折してしまう人もいます。

不安が多いときは直接指導を受けたり、一緒に学ぶ人がいるとモチベーションも維持できますね。

ちなみに、入門編で習得するバナー作成はココナラなどで1,000円~といった価格で販売されています。

低価格ではありますが、自分の実績を積んでいくための一歩として、積み上げれば実績・自信にもつながります。

初心者から少しづつステップアップしていくにはいい案件だと思います。

中級編

中級編は、初級編を受講した人のみがステップアップして学習することのできる講座となっているようです。

内容的には広告の要となるLP(ランディングページ)の作成。

編集長

入門→中級と、随分ゆっくりなペースで進んでいます。

ひとり一人丁寧な指導が入っているのでしょうか。

ゼロイチWEBデザインの公式HPでは、中級編でどのようなことを学ぶかが紹介されています。

LP作成については以下。


公式HPで特に気になったのが、LP作成でどのくらいの収入が得られるようになるかの参考価格です。

最近ではココナラでも高品質のLP作成が多く出品されていて

  • 50,000~150,000円

といった価格帯が一般的です。

個人で営業をかけて受注する場合も、よほどの実績とクオリティーがないとここまでの料金を提示することはほとんどないと言ってもいいかもしれません。


中級編2か月で学ぶ内容は

  • LP制作に伴うデザイン力が身に付く(丸々1ページを自分の力で作ることができる)
  • レイアウトの設計の仕方・レイアウト表の作り方が分かる
  • お客さんを導くディレクションのやり方、話し方などをが身に付く
  • セールス力のあるページの作り方が分かる

デザイン・レイアウト・営業力といったところでしょうか。

もちろん今後自分で仕事を受注していくためには、どれも必要なスキルです。

HTMLやCSSといったコーディング力は必要ないということなのでしょうか。

最近では、LPにはSEO(Googleで上位表示させるための施策)はほとんど関係ない為、コーディングの必要はないといった話も聞きます。

それでもGoogleのページ認識は「文字」です。

1ページが全てPhotoshopで作った画像の貼り付けだった場合、そのページはまっさらな状態になってしまうため、低品質なページと認識されても仕方がありません。

編集長

低品質なページの存在は、サイト全体の評価を下げる可能性もあるため、注意が必要です。


企業就職などで分業してコーディングを担当しているコーダーが存在するなら話は変わりますが、多くの場合Webデザイナーが兼任する作業でもあります。

今後活躍するデザイナーを目指すなら、HTML/CSSといったコーディングスキルは必須です。

ゼロイチWEBデザインでもコーディングについての学習は組み込まれてはいるようですが、あまり踏み込んだ内容ではないようです。

このスクールで十分習得できないのならば、独学もしくは別のスクールなどで習得しておくことをおすすめします。

編集長

正直、Web業界はまだまだ作業内容のボーダーラインがあやふやなところが多いんです。

講師:久保なつ美さんってどんな人?

YouTubeより出典

ゼロイチWEBデザインの顔である久保なつ美さん。

現在はWebデザイナー兼スクールの校長と言う肩書ですが、実際にはどのような実績を積まれている方か具体的な実績や作品例は紹介されていません。

スクール運営も忙しそうなので、現役でデザインをしているかどうかは不明です。

YouTubeでは久保さんが宣伝する広告でよく見かけますが、すごくコミュニケーション能力の高い人だなと感じます。

動画内でもよくしゃべるしよく笑う…。人柄に惚れて受講を決める人も多いかもしれません。

編集長

久保チャンネル、個人的には楽しかったですけどね。

今回この記事を作成するにあたり、アップされている動画をほぼすべて視聴。

ゼロイチWEBデザインに入らなくても、独学で参考になるコンテンツもいくつかあるかなと感じました。

ゼロイチWEBデザインの良い口コミ・悪い口コミ

これからデザインスクールを検討していたり、ゼロイチWEBデザインの口コミや評判が気になっている人もいるかと思います。

SNS、知恵袋、グーグルマップ、クラウドソーシングなどを使って調べましたが、似たような口コミが多い印象を受けました。

以下ではそれらを紹介します。

いい口コミ

講師は現役デザイナー


webデザインの入門編を受講しました。 講師は現役デザイナーなので、しっかりじっくり添削をしていただいたり、質問にも、体験を通してのやり方などを教えて下さいます。

数人のチームに分かれていますが、交流していくと、こちらも楽しく前向きに取り組む事が出来ました。

最終的にはホームページを制作し、ここまで出来た事に感激でした!興味があって習ってみたい方にはおすすめです。

即実践というようなOJT感覚での講義


WEBデザインの入門編を受講しました。 単純にWEBデザイナーとなるための技能を全て身につけるわけでなく即実践というようなOJT感覚での講義でした。ただ、講師からしっかり添削アドバイスをいただけることと、チーム制でコミュニケーションによりモチベーションかなり上がります。

受講料は高額なのですが、日本デザインのマーケティング絡みなどで、受講中からいろんなコミュニティに参加できるのでそうなのかなと。フリーランスや副業で考えている人には人脈作りも含めると良い環境だと思います。

 

悪い口コミ

はっきり言って値段ほどの価値はないです。


私が受講したのは2年ちょっと前でしたが、こちらで学べるのはあくまでバナー、広告系LPのデザインまでで、その他はHTMLのテンプレートを少しいじるくらいでした。他の教材の方が学べることが多いです。

また、中級編で学べるのがLPデザインで、コーポレートサイトのデザインなどは学べないため、いわゆる王道のWEBデザイナーになりたい方向けのスクールではないかと思います。

LPデザインで稼げると謳っていますが、稼ぐところは全て自分次第で、方法は教えてもらえないです。卒業生向けのクラブでも仕事をたまに紹介していましたが、中級編を紹介しているLPに記載されている価格の1/3, 1/4程度の価格の報酬でした。

久保氏や会社の制作実績としての評判が聞こえてこない


初期はいらっしゃらなかった他の講師の先生方が参加されたのはとても良いことだと思いますが、初期にくらべ、とんでもないくらい費用が上がっているのは、内容がブラッシュアップしていくからではなく、あれだけ広告費に投資しなければならない理由があり、それを回収しなければならないからだと思います。

WEBデザイナーで食べていくことを目指すのならば、当然ですが簡単なことではありません。 自身のブログを作ったり、アルバイト的に単発仕事を行ったりであれば、内容の割に高額ですが、こちらでも良いと思います。

こちらの会社が企画したセミナーは、参加すると次のステップ、さらに次のステップと、次の高額なセミナーへ移行させようとするので、離れるのが大変でした。

 

ゼロイチWEBデザインの口コミで気になったのは以下の3点。

  • いい口コミが多すぎる
  • 同じ人が複数投稿している例あり
  • 卒業生の進路や実績の投稿は少ない

モニター受講を選択した人は、SNSなどで受講の感想を投稿することが条件になっているのですが、実名を出して悪い口コミは書きづらいものです。

実名じゃないからこそ、本当の気持ちを言えることもありますからね…。

これはモニター受講の条件なので、受講料さえ安くなれば、その後の口コミをどうするかは正直その人次第です。

編集長

あまりいい口コミばかりだとステマのように感じてしまう人もいるため、一定数は短文でもいいので率直な評判や口コミもほしいかなと感じました。



ゼロイチWEBデザインが向いている人は?

これからWebデザイナーを目指すなら、自分が今後どういった働き方がしたいかをできる限り具体的にイメージしてスクールを選びましょう。

ゼロイチWEBデザインでは

  • バナー作成
  • LP作成
  • ホームページ作成
  • コーディング基礎

といったスキルの習得を目指します。

今後企業でデザイン専門の仕事をしたいとか、副業としてクラウドソーシングを利用してバナーやLP(ランディングページ)作成で月数万円の収入を得たい場合は十分な内容を学ぶことができるでしょう。

モチベーションの維持が不安な人はグループレッスンも向いていると言えます。

ただし、就職支援はしていないため、自分で就職活動をしていく必要があります。

また、これからフリーランスを目指したり、自分で一からサイト作成ができるデザイナーになりたい人は、スクール卒業後も学び続ける自走力と、壁に直面した時の問題解決能力を養う必要があります。

ゼロイチWEBデザインで学べばWebデザイナーになれる?

Webデザインを学ぶ人が増えている昨今、バナーやLPが作れただけではWebデザイナーとしては活躍は難しいでしょう。

大事なことは、そのスキルをどうやって活かしていくかです。

在宅でバナー作りならできるようになる

入門編のメイン内容として、コーディングに頼らないデザインを学ぶため、デザイン力は十分身に付けることができるようになりそうです。

ゼロイチWEBデザインでは、ココナラを利用して実績作りのサポートもしているため、今後在宅でデザインの仕事をしたい人、副業で月数万円の副収入を目標にしているなどには文字通り実績0を1にするチャンスです。

でも、そこからもっと上のレベルを目指すのであれば中級編へのステップアップか、コーディングを独学や別のスクールを利用して学ぶ必要があります。

80万円を払って入門編を学ぶ…。

私なら、まずは他のスクールと比較検討をします。

料金が高い為、お試しで受講するにはハードルの高いスクールです。まずは一度カウンセリングを受けて自分に合うスクールかどうかを見極めたいですね。

ちなみに、主婦・ママ層に人気があるのは以下のスクールです。

他にもおすすめ記事書いてます。

Webデザインはプログラミングと同様に、無理して背伸びをしたスクールを選ぶと、挫折率が高くなるので要注意です。

編集長

自分の環境に合うスクールを選ぶことが失敗しないための一番のコツといえます。



また、このサイトではWebデザインが学べるスクールの詳細をたくさん公開しているので、比較検討する際には参考にしてみて下さい。

就職は目指す企業による

ゼロイチWEBデザインでは、運営企業への就職を果たす学生もいます。スクールで学んだことや考え方をそのまま生かせるところがメリットです。

就職・転職サポートは行っていないため、卒業後は自分で道を切り開いていくことも求められます。

特にWebデザイナーは

  • 営業力
  • 企画
  • コーディング
  • ライティング力

など、デザイン以外でも多くのスキルが求められます。

スクールで学び足りない部分は、独学するなど自分で習得しておくことをおすすめします。

フリーランスを目指すなら身に付けておきたいこととは

クラウドソーシングなどを利用して案件受注するなら、クライアントの悩みを解決したり、求められるデザインをいかに表現するかが大切です。

コンペにもどんどん参加して、制作実績を積み上げたり、自分のポートフォリオを充実させていくことにも注力しましょう。

フリーランスでは自分で営業をかけていく人も少なくありません。

知り合いや身近な人、自分の利用している店舗などに声をかけたり、実際に作成したものを持ち込んで営業するなど、積み上げていく努力が求められます。

どんなスクールで学んでも忘れてはいけない事

○○スクールで学べばWebデザイナーになれる。

実際にはそんなスクールはありません。

スクールでも独学でも、あくまで自分の努力次第であって、Webデザイナーになるためにどれだけ努力して、これからも努力できるかだと思います。

もちろんどんな仕事でも同じことです。スクールはあくまでも基礎を最短で身に付けるための場所でしかないことは理解しておきましょう。

だからこそ、基礎を確実に身に付けるためにスクール選びは「自分に合ったスクール」を選ぶ事を大切にしてくださいね。