看護師

『育休中の看護師、休み明けに退職したい!』を叶える3つの準備

育休中に、退職を考えてしまう人は意外と多く、看護師も例外ではありません。

この記事では、産休・育休中の看護師の『退職したい』という悩みについて、退職するなら準備しておきたいことなどを紹介しています。

『育休は取ったけど、正直退職したい』って思っていませんか?

育休中の病棟5年目看護師です。

2か月後には職場復帰しますが、正直退職したい。子どもが小さなうちはたくさんそばにいたいと思うようになりました。

復帰後に退職はやっぱりダメでしょうか。

産休・育休と休みを取っている間、仲間たちは過酷な医療現場で働いている。残業や夜勤で精神をする減らして頑張っている。

私だけこのままフェードアウトしてもいいのかな。

そんなことを考えて、復帰が億劫になったりもしますよね。

私自身も経験がありますが、このまま子供と一緒に過ごしたい気持ちになって、『このまま仕事辞めたいなー』って思うことがあると思います。


心配しないでください。その思いは変でもなんでもないですし、子どもと一緒にいたいと思えるくらい子供のことを大切に思っている証拠です。

でも、お金をもらいながらお休みしていることも事実なので、辞めるにしても、最終的に辞めないにしても、やっぱり最低限の準備はしておくことは大切です。。

看護師が育休明けに退職したくなる理由

育休中の看護師が退職したくなる理由にはどのようなものがあるのでしょか。

復帰すると、すぐにリーダー業務や残業が始まるとわかっているので、子供と過ごす時間が無くなりそう

夜間対応の院内保育園もあり、夜勤負担が辛い

時短になる予定だが、保育料で給料が消えてしまう。

復帰後の部署が変わるといわれている。

育休中の看護師が『退職したい』と考える理由にはさまざまなものがあるんですね。

編集長

働くママのための『院内保育』が、逆に負担になる人もいるんです。

様々な理由がありますが、働く環境を少し変えることで改善できることもあるので、すぐに退職を考えず、どうすれば働き続けられるのかを考えてみるのも一つの方法です。

例えば、部署が変わる場合も、残業が減ることを考えて病院側が良かれと思って決めたことかもしれません。

少しでも改善できそうな場合は、復帰前に病院側に相談してみることも方法の一つです。


せっかく慣れた職場なのですから、すぐに退職を考えずに上手く両立できる方法を見つけられる方が良い場合もあるのです。

そもそも育休明けの退職は許させるの?

所で、看護師だけでなく育休中の人が復帰前、もしくは復帰後すぐに退職することは許されるんですか?

育休手当ももらっているので気になります。

産休・育休中は、それまでの給料から算出した手当てをもらいながら休暇を取得することになります。

この制度は、復帰後も継続して働くことが前提。やはり、育休明け前や復帰後すぐに退職することに対して抵抗がある人が多いですし、周りの人の印象もよくないことが考えられます。

とはいえ、復帰してみて、やっぱり無理と感じたり、どうしても辞めざるを得ない場合もあるため、強制力があるわけではありません。

かなり濃いグレーゾーンですので、復帰後の退職を考えている場合も、犯とし程度は勤務して、本当に退職すべきかを考得てから答えを出す方法が一番円満に解決する流れです。

育休明けに退職するために休暇中から準備しておきたいこと

それでも、退職の意思が固いなら、復帰までにいろいろ準備しておくことも大切です。

今後の生活や再就職についても、ぼんやりではなく、はっきりとしたビジョンを持っておくことで、退職後も慌てることがなくなります。

お金は大丈夫?看護師こそお金の勉強をしておく必要アリ

実は気にしてほしいのはお金のことです。看護師として働いていると、周りのOLよりも収入が高いことが多く、生活水準が少し高くなっていることが多いです。

実際に、月の支出を管理しているようであれば、食費はどうでしょうか、広く知られているのは『人数×1万円』という食費の考え方ですが3人家族なら4万円ですが収まっていますか?

私は2交代勤務が多かったのですが、夜勤を月に8回くらいが平均で、その都度夜食を買ったり、夜勤明けは外食することも多くありました。当然月4万円では回すことができませんでした。

さらに、日ごろのお付き合いや服飾費、子供の習い事などにもお金がかかっていたため、周りからは『看護師だとお給料もいいでしょう』と言われることも多くありました。

しかし、退職してしまうと、自分の収入は減ってしまうため、生活水準を見直す必要が出てきます。

専業主婦になるなら、保険はこのくらいでも大丈夫、生活コストを抑えるならこうしたほうがいい。ネットにはそのような情報があふれていますが、必ずしも自分の家庭にベストマッチしているとは限りません。

『お金の知識』を身に付けるということは、自分の家計を自分で診断することができるだけでなく、投資などの資産運用の知識も身に付けることができます。

これから退職を考えてるのであれば、時間のあるうちにファイナンシャルプランナーの資格を取得するのもおすすめです。

転職先を考える

退職して専業主婦になったり、パートやもっと働きやすい職場への転職を考えている人もいると思います。

子どもが小さいうちはなるべく家にいられるようにと思っても、働かないと佳克が苦しいという人もいますよね。

その時は、育休のうちから転職エージェントなどで転職先を探しておくことも準備の一つです。

今はまだぼんやりとしかイメージしていなくても、復帰が近づくと退職の気持ちが強くなることもありますし、復帰した後は仕事と家事・育児の両立で忙しくて次の就職先を探す時間は限られてしまいます。

復帰のタイミングはそれぞれですが、保育園の入所状況によっては、翌春が復帰のタイミングという人も少なくありません。この時期は就職・転職のシーズンで、実際に育休中に転職先を探している人も多く、以下に行動を早くするかがポイントでもあります。

編集長

転職先を探すのなら、転職サイトや職安だけでなく、『転職エージェント』にも登録しておくことをおすすめします。

転職エージェントはしっかり話を聞いてくれますし、希望に合う職場探しをするのが専門なので、サイトや職安情報に比べて知識が違います。

専業主婦になるなら、家事のスキルを身に付けると生活が豊かになる

退職した後に専業主婦になるのであれば、家庭のことに目を向けて生活しやすくなるためのスキルを身に付けておくといいですね。

看護師として働いていると、正直家庭のことは二の次ということも多いと思います。

毎日ハードな仕事をこなし、夜勤や残業続きだと、家事に力を入れる余力がないんですよね。
これは体験してみてわかったことですが、そんな多忙な看護師がいざ専業主婦になってみると、時間を持て余してしまうんです。

料理をしてみても、いつものメニューくらいしかレパートリーはないですし、掃除をしてみても、一時的に床はきれいになっても整理や収納の知識があるわけではないので、すぐに元通りなります。

職場やスタッフへの感謝とメンタルを強く持つことも忘れずに!

育休中または復帰後に退職をするのであれば、最低限のマナーは守りつつ、角が立たないように配慮しておきましょう。

あなたが育休中にも仕事を頑張っていたのは職場の仲間たちです。場合によっては委員会の仕事や、研究なども業務を負担してくれた人がいるかもしれません。

退職する際は、きちんと退職理由を伝え、感謝の気持ちも伝えましょう。間違っても、何も言わずにフェードアウトだけはしないようにしましょう。

看護師の世界は横のつながりが広いです。次の就職先で、知り合いに会うことも十分ありますし、以前の病院の名前を出すことで噂が立つこともあります。

看護師はまだまだ女社会です。人間関係は十分に配慮しておきましょう。

辞めると伝えるにも勇気がいりますし、その後の人間関係も考えないといけないとなると、自分のメンタルも強くしてお合ないといけませんね

退職の意思が固まったら転職準備を始めよう

育休中は、復帰に向けて不安も強くなります。

このまま復帰したら、今のような子供と一緒に過ごす時間が無くなってしまうかもしれない。

忙しい職場に戻ってもやっていける自信がない。


そうやってもんもんとした気持ちの中で限られた育休期間を過ごしても楽しくありませんし、もったいないですよね。『退職したい』『もっと家族の時間を大切にできるような職場や働き方にチェンジしたい』と思ったら、ぜひ転職の準備をしておきましょう。

登録は無料ですし、現状と希望の働き方を相談するだけでもOK。今の状況に適した職場を紹介してくれます。

編集長

絶対転職しないといけないと思わなくても大丈夫ですよ。もし復帰して転職の気持ちがなくなっても、その時はきちんと担当エージェントに敬意を伝えれば大丈夫です。



復帰直前になってしまうと焦って判断を間違えてしまうことにもなるので、少しでも転職が頭をよぎったときが行動を起こすときです。