FP仕事

FPの正式名称を知ってる?注意したい履歴書の書き方とNG記載

FP名刺

ファイナンシャルプランナーの資格を活かして働きたいところですが、履歴書に『ファイナンシャルプランナー○級 取得』と書いたらNGであることをご存じですか?



では、どこがNGなのでしょうか。


この記事では、FPの正式名称や履歴書への記載方法、名刺への記載方法などについて解説しています。



しっかりと正しく記載して、ファイナンシャルプランナー(FP)資格を効果的にアピールしていきましょう!!

FP通信講座

5,148円(税込)から始めるFP資格勉強!!スマホ完結だから“すきま時間”を有効に使ってFP資格を目指せる新しい勉強のかたち!!
スタディング公式HP


難関試験が得意!!動画講義とe-ラーニングが人気の講座。リアルタイム講義にも参加できる充実の教材に自信あり!!
フォーサイト公式FPへ


安定した教材と信頼のユーキャンブランド!テキストを中心に補足的に動画で勉強したい方におすすめ!!
ユーキャン公式HPへ

ファイナンシャルプランナー(FP)の正式名称は?

ファイナンシャルプランナー○級、と言われることが多く、これが正式式名称と思われている方も多いFP資格。

ここで注意したいのは、履歴書に記載する資格は受験時の名称が正式なものということ。


実際に、ファイナンシャルプランナー(FP)は受験時には、『ファイナンシャルプランニング技能士』と呼ばれていて、こちらが資格の正式名称になります。


履歴書などの公的な書類に記載する時には、その資格が本当に正式名称であるかどうかをしっかり確認するようにしましょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)は正式名称ではないため、実際には誰でも名乗ることができるのです。

FP3級は履歴書に書かないほうがいい?

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、2級以上からの記載が好ましいといわれることがありますが、できれば取得した資格は履歴書に書いてアピールしたいですよね。


実際にはFP3級はどのように取り扱うのがいいのでしょうか。

FP3級も余裕があれば書いてOK

資格試験において、3級は入門編の資格であることが多く、履歴書に書かない場合が多いのは事実です。



でも、履歴書の資格欄がガランと開いていたら、ちょっとアピールにかけると思いませんか?


ファイナンシャルプランナー(FP)3級の資格は確かに入門編の位置づけですが、他に記載する資格などがない場合は記載しておきましょう。



FPの知識が必要な業界への就職や転職の場合は、3級資格の取得をアピールし、さらに今後上位の資格を目指している・目指そうとしている場合には『勉強中』と記載するのもOK。


採用側からすると、知識を身に付ける努力に好感が持てます。



もちろん今後のスキルアップが前提ですので、この場合はしっかり勉強をして近い将来に資格の取得ができるように頑張りましょう。

注意したい履歴書の書き方

履歴書にファイナンシャルプランナー(FP)の資格について記入する場合は以下の3点に注意しましょう。

  • 資格は取得した順に書く
  • 合格・取得など資格によって異なる
  • AFP・CFPは認定と記載

資格は取得した順に書く

履歴書の資格記載欄にはアピールしたい資格を一番上に書きたくなることろですが、学歴と同様に資格を取得した順に記載しましょう。



人によってはたくさんの資格を持っているなど、履歴書に書ききれない場合もありますが、この場合は、仕事に直結しそうな資格を取得順に書くといいですね。

合格・取得など、資格によって書き方が違う

ファイナンシャルプランナー(FP)の記事を履歴書に記載する場合は、『2級 ファイナンシャルプランニング技能士 合格』といったように書くのが正式な書き方となります。


でも、例えば普通免許の場合は『普通自動車免許 取得』と書きますよね。



資格や検定の種類によって書き方が異なるので注意が必要です。

AFP・CFP®は『認定』

では、AFPCFP®についてはどうでしょうか。

これらは基本的に国家試験ではなく民間資格となります。


必要な研修などを経て、課題の提出・合格などが必要になる資格で、AFP・CFP®については『登録』と書くのが正式な記載方法ですので間違えないようにしましょう。


名刺に書くときは?

資格を仕事で活かす場合には名刺への資格記載で権威付けしたいですね。


企業などに所属する場合は名刺作成もしてくれることが一般的ですが、FP資格についての記載はその企業によって異なります。

○級ファイナンシャル・プランニング技能士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士・個人資産相談業務
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務・中小事業主資産相談業務)


ただ、ファイナンシャル・プランニング技能士という名称になじみがない人も多い為、資格の末尾に『FP』と記載する方法もあります。

○級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP)
○級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP○級)



ファイナンシャルプランナー(FP)資格の履歴書記載のまとめ

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、履歴書や名刺に記載する場合には正式名称での記載が必要です。その他の資格では、

  • 簿記⇒日商簿記○級
  • 宅建⇒宅地建物取引士



なども正式名称に注意が必要な資格です。しっかりと確認してから記載しましょう。



ファイナンシャルプランナー(FP)を目指そう!

ファイナンシャルプランナーの資格は金融・証券業界、建築・不動産業界、保険業界だけでなく、私生活にも知識を活かせるいわば『万能資格』です。


誰にでも必要な『お金の知識』を身につける事ができるので、資格の認知度や受験者数も多く、数少ない取得していて損のない資格の一つ。


初心者でも、しっかりと勉強をすれば2級までは合格を目指せる資格なので、ぜひ今後のスキルアップの一つとしてFP資格の取得を目指しましょう。


3級資格の取得者も、今後2級やAFP資格を取得すれば就職・転職に有利になりますし、FP資格を活かした副業も可能になりますので要チェックです!!

1位 スタディング
    (コスパ最強!)
   FP3級なら5,148円!

2位 フォーサイト
    (難関試験が得意)

3位 ユーキャン
    (安定の老舗講座)


FP3級おすすめ通信講座】

1,000円~学べる通信講座


【お金の勉強】


【その他FPおすすめ記事一覧へ】