専門学校

YIC情報ビジネス専門学校の偏差値や入試倍率は?学科・学費・評判まで徹底解説

2022年1月12日

YIC情報ビジネス専門学校ってどう?詳しくしりたい。

こまちゃん
編集長

山口県にある専修学校で、情報分野からブライダル、ペット関連学科など幅広く展開しています。
詳しく紹介します!

YIC情報ビジネス専門学校は、YICグループのなかで最も多様な6分野7学科が集まる総合専門学校です。

特に情報処理に関連した学科が充実。そのほかにもブライダルやペット関連学科などがある総合専門学校です。

地元で学び、今後エンジニアやプログラマーを目指す人や、IT・Webスキルを活かした活躍を目指している人は一度資料請求やオープンキャンパスへの参加をしてみてはどうでしょうか。

この記事を書いた人

現役デザイナーや講師業、医療現場でも働くパラレルワーカー。

Web・ITスキルや様々なデザインスキルが習得できるスクール・専門学校情報を発信中。各学校への直接質問受講生へのインタビュー記事も随時更新中です。


失敗しないスクール選びのコツ!
スタディサプリなら
簡単3ステップで資料請求できます。

夢の実現に向けて、
まずはスクール・専門学校の
詳しい資料請求から
初めてみてはいかがでしょうか。


スタディサプリなら
\ 3ステップで資料請求 /

資料を取り寄せる


キャンペーン

高校生限定!7校以上のパンフまたは願書の取り寄せで500円分の図書カードプレゼント中です。(期間2021年12月23日~2022年1月31日)


YIC情報ビジネス専門学校の3つの特徴

  • 卒業後10年間就職サポート保障
  • 地域から上場企業まで就職実績多数
  • 沢山の資格や検定に挑める

卒業後10年間就職サポート保障

YIC情報ビジネス専門学校は、就職サポートが手厚いという特徴があります。

卒業生を対象に10年間の就職サポートを保障。

大学新卒者が3年以内に40%が仕事を辞めると言われていることから、再就職を支援するために始まったサポート保障。

キャリアカウンセリングを受けたり再就職求人の閲覧など、卒業したら終わりにならないための取り組みにも力を入れています。

在学中から、スムーズに就職・転職できるように即戦力レベルの知識とスキルの習得も目指しています。



地域から上場企業まで就職実績多数

YIC情報ビジネス専門学校の強みは地域に根差した専門学校ということ。

2019年の就職実績は90%と、どの学科も多くの地域企業への就職を実績として挙げています。

その他にも、GMOインターネット株式会社や株式会社ミライトなど上場企業への就職実績も公表しています。



たくさんの資格や検定に挑戦できる

これから社会に出ていくためには身に付けられる装備を少しでも増やしておきたいですね。

各学科に関連する資格や検定にも積極的に挑戦しています。

YIC情報ビジネス専門学校なら、前向きに自己研鑽する学生へと成長できますね。

主な資格・検定としては

  • ITパスポート
  • Webクリエイター能力認定試験
  • 色彩検定
  • 簿記能力検定試験
  • ウエディングプランナー資格
  • 医療事務・調剤事務・介護事務
  • 秘書検定
  • トリマー
  • 動物看護士統一認定試験

など。

目指す職業に必要な資格や検定試験を十分に受けられるのは専門学校のメリットです。

就職時にもしっかりアピールできるので、目指せる検定はぜひ挑戦していきたいですね。



YIC情報ビジネス専門学校の詳細・学費

  • 情報工学科
  • 情報システム科
  • 情報ビジネス科
     Webビジネスコース
     デジタルデザインコース
  • 国際ホテル・ブライダル学科
  • 医療事務学科
  • ペット総合学科
     トリマーコース
     動物看護コース
  • 専攻科
     大学併願コース
     キャリアアップコース

YIC情報ビジネス専門学校 にはIT・Web系コース以外にもブライダルやペット関連、医療事務など幅広いジャンルの科が集まっています。



学科の定員と修業年限

学科定員修業年限
情報工学科20人3年
情報システム科 20人2年
情報ビジネス学科 20人 2年
国債ホテル・ブライダル学科 20人 2年
医療事務学科 20人 2年
ペット総合学科 20人 2年
専攻科 20人1年
国際ビジネス学科 20人1年

各学科定員が20名と小規模なので、一人一人が学びやすく充実した学習環境と言えます。



学費について

入学金150,000円
学費(年間)850,000円~890,000円
教材費(初年度)300,000円~350,000円
教材費(次年度以降)200,000円~250,000円

入学金は一律150,000円。

学費については一般的な金額です。



YIC情報ビジネス専門学校の入試・選考情報(倍率や偏差値など)

YIC情報ビジネス専門学校の入試は10月からスタートし、翌年3月末まで約10回の選考日が設けられています。(3月末以降も随時選考あり)

指定校推薦もあり、各高校から評定平均3.2以上(オープンキャンパス参加者は3.0)の場合出願することが可能。

3月以降も随時選考であることを考えると入学しやすい学校と言えそうです。

また、専門学校には大学入試のような偏差値という考え方はなく、各校・各学科では評定平均をベースに選考します。


AO入試を導入している専門学校も多いのが特徴です。

AO入試は学力だけでは判断できない『やる気』を評価し、書類審査や面接などで合格を決める試験です。
2020年4月からはAO入試を『総合型選抜』に変更して、学力評価も含む総合評価で合格を決める専門学校も増えています。

選考方法について

  • 指定校推薦
  • 高校推薦【専願】
  • 自己推薦【専願】
  • 一般
  • 社会人【専願】
  • 編入学【専願】

各出願区分がありますが、どの出願も選考方法は書類審査と面接による総合判定のため、入学試験はありません

とはいえ、高校からの進学の場合は評定平均をクリアすれば指定校推薦も受けられるので前向きに勉強しておくことをおすすめします。

入学を有利にするには

YIC情報ビジネス専門学校では定期的にオープンキャンパスを開催。

指定校推薦を受ける場合の評定平均もオープンキャンパス参加者は3.0(未参加者条件は3.2)と優遇されます。

少しでも入学検討している人はぜひ一度参加しておきたいですね。



YIC情報ビジネス専門学校の口コミ評判

就職も決まりました。

山口県でいながら、東京の専門学校と同じことが、それ以上の事が学習できます。おかげで、就職も決まりました。

少人数で質問しやすい

YICではクラスのみんなが仲良くて、同じ目標に向かって勉強しているから集中できます。クラスの人数が少ないから、分からないことをも聞きやすいです。

YIC情報ビジネス専門学校のまとめ

山口県にあるYIC情報ビジネス専門学校について紹介しました。

YICグループのなかで最も多様な6分野7学科が集まる総合専門学校です。

特にIT・Webスキルは今後も各業界で求められる必須スキルになりつつあります。

さまざまな言語をじっくり学べる環境や業界で活躍してきた講師陣から直接指導を受けられる環境は重要です。

Webスキルとしてデザインのプロを目指したい人も、YIC情報ビジネス専門学校では『デジタルハリウッド』と連携したカリキュラムで学習が可能。

2019年にはデジタルハリウッド主催のコンペで最優秀賞を受賞の学生も排出するなど実績もある学校です。

Web・ITスキルを習得して今後の就職や転職を目指す場合は検討してみてはいかがでしょうか。



YIC情報ビジネス専門学校と比較したい!おすすめスクール紹介

専門学校にはそれぞれの特色を生かした学科や専攻があります。

地元で学校に通いたい人、目指す職業に向けて少し遠方まで検討している人なども様々。

スキル習得や就職・転職を成功させる秘訣は、自分の環境に合った学校選びができるかどうかです。


進学を目指している高校生・大学生は、できる限り具体的に将来像を描いてください。

社会人には働きながらや家事をしながら工夫し、限られた時間で積極的に学べるオンラインスクールや夜間通学可能なスクールが人気です。

そして、いくつか希望の学校の資料請求をして情報収集を始めましょう。


スタディサプリなら
\ 全国のスクールの資料請求が可能! /

スタサプで今すぐ資料請求

簡単3ステップ登録!

こまちゃん

-専門学校
-,