専門学校

 和歌山コンピュータビジネス専門学校の口コミ評判は?学費・偏差値や倍率、学科も徹底解説

この記事では、和歌山コンピュータビジネス専門学校を検討している方向けに、偏差値や入試倍率、学校の口コミ評判をまとめて紹介しています。

和歌山コンピュータビジネス専門学校では、体験入学参加者へのAO入学特典があるなど学費面でもメリットの多い学校です。

選考方法によっては面接なども実施しているため、学校詳細やアドミッションポリシー(学校が求める学生像)をよく理解して試験に挑む準備をしておきましょう。

卒業生の口コミ評判をみたり、パンフレットの取り寄せ(無料)やオープンキャンパスを通じて、あなたにある学校かチェックしていきましょう!

11月は意外と穴場?
\ 入学枠を確認しよう /

当サイトで人気のスクール
デザイン・クリエイター系

 

アミューズメントメディア専門学校
▶在学デビューを目指せる専門学校!就職&デビュー実績多数の認可校は国の学費支援も対象!

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

和歌山コンピュータビジネス専門学校の3つの特徴

和歌山コンピュータービジネス専門学校

和歌山コンピュータビジネス専門学校は、昭和62年開校と歴史も長く、これまでに多くの卒業生を輩出。

コンピュータ専門の技術者養成をおこない、就職を通じて県内外問わず多くの企業の発展に寄与してきた実績があります。

教育方針は「少人数性による個性別指導

一人一人の個性や能力を加味しながら最適な教育をおこなっています。

また近年ではIT分野だけではなく、公務員分野にも積極的に参入しています。

学校の特徴としては

  • 個性別指導システム
  • 学費がリーズナブル、無料でパソコン支給!
  • 最短コースで夢へのアクセス

などがありますので、詳しく見ていきましょう!


個性別指導システム 

個別指導をさらに進化させ個人の個性や性格に合わせた指導に力を入れています。

個性別指導」は一人一人の個性に寄り添った指導を展開することで、最大限の可能性を引き出すことを目的としています。

また、クラス担任制も導入しており、分からない事や困ったことがあればすぐに相談・解決へ導けるように万全のサポート体制を敷いています。


学費がリーズナブル、無料でパソコン支給!

和歌山コンピュータビジネス専門学校の初年度納入金額は79万円~85万円と一般的な専門学校の学費よりもリーズナブルな金額設定です。

さらに、在学中の学費負担を軽減できる「各種奨学金」も導入。

学生が無理なく目指す職業に就けるようにサポートしてくれています。

入学者全員にノートパソコンの無料支給がある学校も魅力的。

情報系やクリエイター系スキルが学べる学校であれば、学費以外に自分で準備する学校が多くあります。

手厚いサポート体制は要チェックです。


最短コースで夢へアクセス

公務員コースでは、短期間で大幅なスキルアップを目指すことができるカリキュラム構成。

入学当初から卒業・就職を見据えたスケジュールを立て、明確な目標設定を掲げて最短コースで目標達成できるようにサポートしています。

公務員一次試験合格率は95%以上、最終合格率約80%と高い実績も魅力です。

公安系なら、警察官、消防士、自衛官。

行政系なら国家一般職から都道府県庁職員、学校事務職員などを目指せるコースがあり、将来的に公務員になりたい人にも人気の学校となっています。

毎週の模擬試験や、試験での配転が高い面接対策などにも力を入れています。


和歌山コンピュータビジネス専門学校の詳細・学費

  • IT科 
    • ICTプロフェッショナルコース
    • ITエキスパートコース
    • 国際ITビジネスコース
    • システムエンジニアコース
    • コンピューターグラフィックコース
  • IT基礎科 
    • ITビジネスコース
    • 国際ビジネスコース
  • ビジネス科
    • 公務員マスターコース
    • 公務員専攻コース
    • 国際ビジネスマネジメントコース

定員合計200名の学校となっています。


IT学科の定員と修業年限

コース修業年限定員
ICTプロフェッショナルコース4年
ITエキスパートコース2年
国際ITビジネスコース2年
システムエンジニアコース2年
コンピューターグラフィックコース2年


IT基礎科

コース修業年限定員
ITビジネスコース1年
国際ビジネスコース1年


ビジネス科の定員と修業年限

コース修業年限定員
公務員マスターコース2年
公務員専攻コース1年
国際ビジネスマネジメントコース2年

この学校では、公式サイトでも各学科の定員を公表していません。

全体の募集定員は200名。

人気の学科はすぐに席が埋まってしまう場合もあるので、和歌山コンピュータビジネス専門学校を検討している方は一度資料請求をしてみてもいいかもしれませんね。


和歌山コンピュータビジネス専門学校の学費・学納金

入学金10万円

入学金は全科共通で10万円


IT科
授業料55万円
施設設備費12万円
維持費8万円


ビジネス科
授業料55万円
施設設備費6万円
維持費8万円

そのほか、活動費として16万円が必要になります。

和歌山コンピュータビジネス専門学校の初年度納入金の目安は85万円程度となるでしょう。

入学金と合わせてもこの金額なので、学費は比較的安い水準と言えそうです。

ポイント

専門学校の初年度納入金の平均金額は125.5万円。(スタディサプリ進学調べ)

そのほか、学習活動費(実習費、検定費、諸行事費用)が年間8万円程度加算されることには注意しておきましょう。


学費免除制度も充実している

和歌山コンピュータビジネス専門学校では、学費免除特典も充実していることに注目です。

体験入学参加者特典として、AO入学時3~5万円の学費免除をはじめ、入学選考料と学費10万円が免除になる「特別指定校推薦入学」などもあります。

この学校を検討している方は学費免除特典も要チェックですね。


和歌山コンピュータビジネス専門学校の入試・選考情報

  • AO入試(インターネットAO含む)
  • 指定校推薦入試(特別含む)
  • 社会人入試
  • 一般入試 試験

AO入試と指定校入試の場合は書類審査のみですが、社会人・一般入試は書類審査と面接が必要になります。

土の入学区分で出願するかによって事前の準備も異なりますので、早めに学校情報のチェックをしておきましょう。


大学生・社会人の学びなおしについて


編集長

私も20代半ばで学びなおしのため「専門学校」を選んだ1人です。


社会人からの挑戦は課題も山積みですが、学生の頃よりも学習意欲が高く、何を学んでも新鮮。

もっと早く挑戦しておけばよかったとさえ思いました。

学びなおしには様々な方法がありますが、専門学校は短期間で専門スキルや資格を習得し、キャリアサポートまで受けられます。

全く未経験の業界でも、安心して学び始めることができるようにカリキュラムが組まれているのも嬉しいですね。

最近では、国を挙げて社会人からの学びなおしや職業能力の向上を図る施策に力を入れていて、経済負担を軽減できる奨学金や給付制度なども整ってきています。

ぜひスキルアップの一歩に専門学校も選択肢に入れてみて下さい。



和歌山コンピュータビジネス専門学校の口コミ評判

資格取得や就職率がいい

IT企業に進むには有利になる最適な専門学校。資格取得率、就職率も高く色々と役に立つ。

仕事をしながらでも学べる

教え方、雰囲気、就職率すべてをとっても和歌山では1番の専門学校だと思います。通学の利便性もいいし、仕事しながら通えるのもいいです。

ビジネススキルは社会に出ても役立つ!

パソコンを使う上での知識や技術がたくさん身に付きました。ビジネス科も併設されているのでビジネススキルの知識も身に付くので社会に出てからも困らない。

建物はやや古い

校内は綺麗だが建物が少し古臭さい感じがする。たまにイジワルな先生がいる。

学費は少し高いと感じた

最新設備があるので仕方ないかもしれないが学費が少々お高いです。

和歌山コンピュータビジネス専門学校のまとめ

和歌山コンピュータービジネス専門学校では、時代の最先端を駆ける為に未来ある素晴らしい人材を育成するべく指導にも力を入れている学校です。

長年の実績においても各企業との太いパイプを有し、IT関係だけではなく公務員の就職にも強い専門学校といえるでしょう。

学科も充実していて、学費面でも優秀な学校ですので、和歌山コンピュータービジネス専門学校を一度検討してみてはいかがでしょうか。


和歌山コンピュータビジネス専門学校と比較したい!おすすめスクール紹介

専門学校にはそれぞれの特色を生かした学科専攻があります。

また、

  • 地元で学びたい/就職したい
  • もっと高度なスキルを身に付けたい
  • 目指す職業(企業)がある
  • 費用も比較したい
  • 人気のある学校を選びたい

など、学生が学校に求めるものも様々です。

スキル習得や希望の就職・転職を成功させる秘訣は、自分の環境に合った学校選びができるかどうかです。

進学を目指している高校生・大学生は、できる限り具体的に将来像を描いて、夢に近づける学校選びをしたいですね。

社会人には仕事や家庭とのバランスも考え、限られた時間で積極的に学べるオンラインスクール夜間通学可能なスクールも人気があります。

日本には学べる環境がとても多く用意されています。

学校選びはいくつか希望の学校をピックアップし、情報収集やオープンキャンパス、体験レッスンなどを通して比較検討することも大切です。

あなたをサポートしてくれる家族とも情報を共有できるように、必ず資料請求もしておきましょう。

専門性を高めて、理想の将来像を実現できることを応援しています。


11月は意外と穴場?
\ 入学枠を確認しよう /

当サイトで人気のスクール
デザイン・クリエイター系

 

アミューズメントメディア専門学校
▶在学デビューを目指せる専門学校!就職&デビュー実績多数の認可校は国の学費支援も対象!

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

-専門学校
-,