専門学校&その他教育機関

東京デザイン専門学校の偏差値や入試倍率は?口コミ評判や学科・学費も徹底解説

この記事では、東京デザイン専門学校を検討している方向けに、偏差値や入試倍率、学校の口コミ評判をまとめて紹介しています。

東京デザイン専門学校では、選考方法によって面接なども実施しているため、学校詳細を確認・理解して試験に挑む準備をしておきましょう。

卒業生の口コミ評判をみたり、パンフレットの取り寄せ(無料)やオープンキャンパスを通じて、あなたにあう学校かチェックしていきましょう!

8月は夏休みに合わせて
\ 資料請求する人が多くなる! /

資料請求TOP3!
デザイン・クリエイター系学校

 

アミューズメントメディア専門学校
認可校だから国の学費支援も対象!安く学びながら在学デビューのチャンスを掴もう

代々木アニメーション学院.
▶アニメ、クリエイタースキルならこの伝統校!12万人の卒業実績と地元で学べる環境が魅力

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

東京デザイン専門学校の3つの特徴

東京デザイン専門学校公式HP

東京デザイン専門学校は、クリエイティブな人材を育成する専門学校としてデザインやアート、アニメーションなどを学ぶ学科が充実しています。

プロと現役のクリエーターが一人ひとりにフォーカスした指導を実施。

コミュニケーション力や社会性を重視し、将来に渡ってステップアップできるクリエーターの育成を目指しています。

学校の特徴としては

  • デザインの最先端!原宿で学ぶ
  • 企業連携でプロの仕事を経験できる
  • 個性や能力に寄り添った指導

などがありますので、詳しく見ていきましょう!


デザインの最先端!原宿で学ぶ

デザインの最先端・原宿にキャンパスがあります。

地元の企業や商店街との産学連携を行っており、街を実際にデザインするなどのカリキュラムが導入されています。

クリエイティブな技術は勿論のこと、社会性を重視し、コミュニケーション力を持ったクリエーターの育成に力を入れています。

社会人基礎力を学ぶためのキャリアデザイン授業などもあります。

国際交流も盛んで、インドネシアやフランスの高校生を招いてマンガ制作を体験するなどの活動も行っています。


企業連携でプロの仕事を経験できる

基礎や基本を徹底し、実践的な応用力を身に着けさせる学校です。

入学直後に行われる初歩的な実技やトレーニングなど、基礎技術に力を入れて学ばせます。

一方で、企業連携により実践力や、プロの仕事を経験することで、将来活躍できるクリエーターの育成を目指しています。

設備も充実しており、クリエーターの勉強に必要な施設は勿論のこと、MacルームやWi-Fi設備なども完備されています。


個性や能力に寄り添った指導

一人ひとりの個性や能力、興味に寄り添った指導をしてくれます。

また、生徒のやる気を応援するための様々なプログラムが用意されていることも魅力です。

「プラス1講座」では専門科目にプラスして、選択した講座を履修できます。

無料で受講できるうえ、スキルアップを図ることで自分の強みや付加価値を高めることができます。

また、資格取得やインターンシップも積極的に行っており、専門分野の知識・技術を学ぶ環境が整っています。


東京デザイン専門学校の各学科・コース・募集定員について

学科・コース・募集定員
  • ビジュアルデザイン科
  • クリエイティブアート科
  • グラフィックデザイン科
  • イラストレーション科
  • マンガ科
  • アニメーション科
  • インテリアデザイン科
  • 空間ディスプレイデザイン科
  • ファッションアクセサリー科


学科の定員と修業年限

学科修業年限定員
ビジュアルデザイン科3年35名
クリエイティブアート科3年35名
グラフィックデザイン科2年165名
イラストレーション科2年120名
マンガ科2年60名
アニメーション科2年30名
インテリアデザイン科2年60名
空間ディスプレイデザイン科2年30名
ファッションアクセサリー科2年25名

東京デザイン専門学校の学費について

学費・その他の費用
入学金18万円

入学金は全科共通で18万円

授業料82万円
実習費11万円
施設設備費17万円

となり、初年度納入金の目安は128万円程度となるでしょう。

ポイント

専門学校の初年度納入金の平均金額は125.5万円。(スタディサプリ進学調べ)

東京デザイン専門学校の入試・選考情報

入試・選考情報
  • 一般入学
  • 推薦入学
  • AO入学

選考方法は、一般入学・推薦入学の場合は基本的に書類選考のみ。

必要に応じて面接選考があります。

また、AO入学ではいくつかの必要事項があります。

  • オープンキャンパス(TDAオンライン説明会含む)に参加が必須。
  • webにてAO入学エントリー


面接には、オープンキャンパスで配布される参加証を持参する必要があります。


大学生・社会人の学びなおしについて


編集長

私も20代半ばで学びなおしのため「専門学校」を選んだ1人です。


社会人からの挑戦は課題も山積みですが、学生の頃よりも学習意欲が高く、何を学んでも新鮮。

もっと早く挑戦しておけばよかったとさえ思いました。

学びなおしには様々な方法がありますが、専門学校は短期間で専門スキルや資格を習得し、キャリアサポートまで受けられます。

全く未経験の業界でも、安心して学び始めることができるようにカリキュラムが組まれているのも嬉しいですね。

最近では、国を挙げて社会人からの学びなおしや職業能力の向上を図る施策に力を入れていて、経済負担を軽減できる奨学金や給付制度なども整ってきています。

ぜひスキルアップの一歩に専門学校も選択肢に入れてみて下さい。



東京デザイン専門学校の口コミ評判

ありがたい。

昨日はOBOG説明会。デザイナーとして就職した先輩が来てくれました。学生目線で仕事の話をしてくれるのでありがたいです。

(facebook)

丁寧に教えてくれる

少人数での授業で学びやすい。講師も各個人に丁寧に教えてくれる

(Twitter)

いい学校でした

やる気のある生徒には良い学校学校での2年間、先生に丁寧にデザインのことを教えていただきました。

(Googleマップ)

交流が少ない

もう少しオープンな感じでも良いんじゃないかな。通りに面したところに作品展示するとか一般の方と交流したりしてイノベーションが生まれると思うんだけどなんか閉鎖的なカンジを受ける

(Googleマップ)

講師の当たりはずれがある

講師の当たり外れが大きい。OBもプライドが高い

東京デザイン専門学校のまとめ

専門分野の知識・技術だけでなく、社会人としてのスキルを見つけ、ステップアップできるクリエーターを目指すことのできる学校です。

一人ひとりの個性を活かした授業、少人数制で丁寧な指導、やる気を応援する様々なプログラム。スキルアップを望む方は自分の実力を高める環境が整っています。

原宿の街との連携で、学生の内からデザインを実践できるのも大きな魅力です。

クリエーターとして夢を叶えるのであれば東京デザイン専門学校へ飛び込んでみてはいかがでしょうか。


東京デザイン専門学校と比較したい!おすすめスクール紹介

専門学校にはそれぞれの特色を生かした学科専攻があります。

また、

  • 地元で学びたい/就職したい
  • もっと高度なスキルを身に付けたい
  • 目指す職業(企業)がある
  • 費用も比較したい
  • 人気のある学校を選びたい

など、学生が学校に求めるものも様々です。

スキル習得や希望の就職・転職を成功させる秘訣は、自分の環境に合った学校選びができるかどうかです。

進学を目指している高校生・大学生は、できる限り具体的に将来像を描いて、夢に近づける学校選びをしたいですね。

社会人には仕事や家庭とのバランスも考え、限られた時間で積極的に学べるオンラインスクール夜間通学可能なスクールも人気があります。

日本には学べる環境がとても多く用意されています。

学校選びはいくつか希望の学校をピックアップし、情報収集やオープンキャンパス、体験レッスンなどを通して比較検討することも大切です。

あなたをサポートしてくれる家族とも情報を共有できるように、必ず資料請求もしておきましょう。

専門性を高めて、理想の将来像を実現できることを応援しています。


8月は夏休みに合わせて
\ 資料請求する人が多くなる! /

資料請求TOP3!
デザイン・クリエイター系学校

 

アミューズメントメディア専門学校
認可校だから国の学費支援も対象!安く学びながら在学デビューのチャンスを掴もう

代々木アニメーション学院.
▶アニメ、クリエイタースキルならこの伝統校!12万人の卒業実績と地元で学べる環境が魅力

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

-専門学校&その他教育機関
-,