専門学校

東京アニメーションカレッジ専門学校の口コミ評判は?学費・偏差値や倍率、学科も徹底解説

この記事では、東京アニメーションカレッジ専門学校を検討している方向けに、偏差値や入試倍率、学校の口コミ評判をまとめて紹介しています。

東京アニメーションカレッジ専門学校では、声優学科をはじめ、プロ講師陣から学んだり特別講義を受けられるチャンスが豊富です。

また、入試選考方法によっては面接なども実施していますので、学校詳細やアドミッションポリシー(学校が求める学生像)をよく理解して準備をしておきましょう。

卒業生の口コミ評判をみたり、パンフレットの取り寄せ(無料)やオープンキャンパスを通じて、あなたにあう学校かチェックしていきましょう!

11月は意外と穴場?
\ 入学枠を確認しよう /

当サイトで人気のスクール
デザイン・クリエイター系

 

アミューズメントメディア専門学校
▶在学デビューを目指せる専門学校!就職&デビュー実績多数の認可校は国の学費支援も対象!

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

東京アニメーションカレッジ専門学校の3つの特徴

学校の特徴

学校の特徴としては

  • セレクトカレッジ制度で専攻以外も学べる
  • 豪華講師による授業や学内オーディションが魅力
  • 目指す企業ごとに必要なポートフォリオ制作ができる

などがありますので、詳しく見ていきましょう!


セレクトカレッジ制度で専攻以外も学べる

東京アニメーションカレッジ専門学校では、専攻する学科以外の分野を学ぶことができる「セレクトカレッジ」を導入。

自分の選択している学科の垣根をこえて、可能性を広げたい学生のための特別セミナーを開催しています。

このシステムを利用すれば、放課後の時間を利用して興味のある科目を積極的に学ぶことができます。

例えば、声優学科に在籍しながらセレクトカレッジでコミックイラストやアニメの作画基礎セミナーをセレクトして受講することもできます。


豪華講師による授業や学内オーディションが魅力

声優学科では、現役で活動している講師陣や、有名声優から直接抗議を受けられる「特別授業」も開講。

講師陣はジブリ作品や有名映画の吹き替えなどに参加している松田洋治さんや81プロデュース所属の勝生真沙子さん、西村ちなみさんなど。

豪華特別講師も花江夏樹さんや木村昴さんなど有名声優が参加。

直接プロに質問をする機会は貴重な経験となるでしょう。

また卒業前には年90社のプロダクションが参加する学内オーディションも開催され、約8割の学生が所属合格を果たしている実績もあります。

学生全員が挑戦できるオーディションなので、このチャンスを生かして声優になる夢を叶えていきたいですね!


目指す企業ごとに必要なポートフォリオ制作ができる

アニメ制作やゲーム会社などは企業によって求める素材が異なります。

学生が目指す企業ではどんな作品集が必要か、過去の実績なども踏まえながら専任スタッフが個別にポートフォリオを確認・チェックを実施。

先輩たちの就職実績や過去の試験内容など、これまでに蓄積された就職活動データをもとにアドバイスを受けることができるので、迷わず作品制作に取り組むことができるでしょう。

東京アニメーションカレッジ専門学校の各学科・コース・募集定員について

学科・コース・募集定員
  • 総合学科
    • 総合声優コース
    • 総合キャリアデザインコース
    • アニメプロデュースコース
    • 総合コミックコース
  • 声優学科
    • アニメ声優コース
    • アニソン声優コース
    • 声優/俳優コース
    • キャリアデザインコース
  • アニメーション学科
    • アニメーターコース
    • CGアニメーションコース
  • マンガ・イラスト学科
    • ストーリーコミックコース
    • キャラクターイラストコース
    • ゲームキャラクターコース

東京アニメーションカレッジ専門学校では4学科13コースを展開しています。


学科の定員と修業年限

学科修業年限
総合学科3年
声優学科2年
アニメーション学科2年
マンガ・イラスト学科2年

この学校では、1学年の定員を230名に設定し、学科別の定員は設けていません。

ですが特定の学科に入学希望者が偏る可能性もありますので、入学を検討している方も早めに行動できるといいですね。


東京アニメーションカレッジ専門学校の学費について

学費・その他の費用
入学金10万円

入学金は全科共通で10万円

授業料120万円
教育充当費5万円

ポイント

専門学校の初年度納入金の平均金額は125.5万円。(スタディサプリ進学調べ)

どの学科も学費は共通ですが、一般的な専門学校の初年度納入金額よりもやや高めの設定となっています。

そのほかにも必要な経費がありますので、実勢には上記の金額に+10万円程度を考慮しておくとよいでしょう。(別途パソコン購入が必要な学科あり。)


その他の費用

この学校では、上記で紹介した授業料以外に各学科別の教材費が約7万円~12万円が必要になります。

また、学科によっては学校指定のパソコンやタブレット端末を購入する必要があります。(詳細は学校入学時に連絡あり。)


事前準備がむつかしいため、入学を検討している人はパソコンの購入はせずに学校からの詳細を待つことをおすすめします。

2年次・3年次には教材費(約4~7万円)に加え、卒業準備費として年間3万円程度の追加費用が必要になります。


東京アニメーションカレッジ専門学校の入試・選考情報

入試・選考情報
  • AO入試
  • 指定校推薦入試
  • 推薦入試
  • 一般入試

指定校推薦入試と推薦入試は書類選考のみですが、AO入試・一般入試では書類選考と面接が実施されます。

※入学パスポート(オープンキャンパス参加+学校の職員と面談済みの方)取得者は面接免除。

基本的にはオープンキャンパス参加時に面談を済ませておくことで書類選考のみで入学試験に挑むことが可能なため、大学のように入試倍率や偏差値を気にする必要はありません。

ただし、学校側としてもアドミッションポリシーを理解した学生を選考しますので、きちんと理解しておきましょう。

この学校のアドミッションポリシー

●本校の教育理念や教育目標を十分理解している方
●アニメーション・芸術分野に関する能力の向上に努力を惜しまない方
●将来の目標としてアニメーション・芸術分野に関する業界を目指している方


大学生・社会人の学びなおしについて


編集長

私も20代半ばで学びなおしのため「専門学校」を選んだ1人です。


社会人からの挑戦は課題も山積みですが、学生の頃よりも学習意欲が高く、何を学んでも新鮮。

もっと早く挑戦しておけばよかったとさえ思いました。

学びなおしには様々な方法がありますが、専門学校は短期間で専門スキルや資格を習得し、キャリアサポートまで受けられます。

全く未経験の業界でも、安心して学び始めることができるようにカリキュラムが組まれているのも嬉しいですね。

最近では、国を挙げて社会人からの学びなおしや職業能力の向上を図る施策に力を入れていて、経済負担を軽減できる奨学金や給付制度なども整ってきています。

ぜひスキルアップの一歩に専門学校も選択肢に入れてみて下さい。



東京アニメーションカレッジ専門学校の口コミ評判

おすすめ

アニメーターの学科ではないので詳しくはわかりませんが、私は東京アニメーションカレッジ専門学校をおすすめします。 理由は、アニカレはアニメ系を専門にやってる学校だし、一応実績もあるからです。

(ヤフー知恵袋)

歴史の浅い学校

東京アニメーションカレッジは、わりと最近の学校で、 声優関係などは歴史が浅いほうです。

(ヤフー知恵袋)

声優学科には力を入れているけど…

声優育成に一番力を入れている学校

(Googleマップ)

丁寧に教えてくれる

基本的に先生方は丁寧に教えてくれる良い方ばかりです。
ですが、気をつけた方がいい地雷系の先生がいます。

(Googleマップ)

東京アニメーションカレッジ専門学校のまとめ

東京アニメーションカレッジ専門学校では、声優学科をはじめ、コミックやアニメーションなど日本のポップカルチャーを学べる学科を4学科13コース展開しています。

学科によっては日本文化に興味のある外国人からも注目されている学校の一つです。

豪華講師陣や有名声優の特別講義を受けられるメリットなど、声優を目指している方はとても興味があるのではないでしょうか。

オ-プンキャンパス参加時に面談を済ませている学生は選考試験の面接が免除になりますので、学校が気になっている段階で一度学校見学をしてみてもいいかもしれません。

実際に学校見学することで、自分が入学したときのイメージもわきやすく、施設環境をリアルにチェックすることもできますよ。

東京アニメーションカレッジ専門学校と比較したい!おすすめスクール紹介

専門学校にはそれぞれの特色を生かした学科専攻があります。

また、

  • 地元で学びたい/就職したい
  • もっと高度なスキルを身に付けたい
  • 目指す職業(企業)がある
  • 費用も比較したい
  • 人気のある学校を選びたい

など、学生が学校に求めるものも様々です。

スキル習得や希望の就職・転職を成功させる秘訣は、自分の環境に合った学校選びができるかどうかです。

進学を目指している高校生・大学生は、できる限り具体的に将来像を描いて、夢に近づける学校選びをしたいですね。

社会人には仕事や家庭とのバランスも考え、限られた時間で積極的に学べるオンラインスクール夜間通学可能なスクールも人気があります。

日本には学べる環境がとても多く用意されています。

学校選びはいくつか希望の学校をピックアップし、情報収集やオープンキャンパス、体験レッスンなどを通して比較検討することも大切です。

あなたをサポートしてくれる家族とも情報を共有できるように、必ず資料請求もしておきましょう。

専門性を高めて、理想の将来像を実現できることを応援しています。


11月は意外と穴場?
\ 入学枠を確認しよう /

当サイトで人気のスクール
デザイン・クリエイター系

 

アミューズメントメディア専門学校
▶在学デビューを目指せる専門学校!就職&デビュー実績多数の認可校は国の学費支援も対象!

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

-専門学校
-,