食生活アドバイザー®

食生活アドバイザー®とは

食生活アドバイザー®は『食アド®』とも呼ばれ、食に関する知識や、健康・文化・QOL(quality of life:生活の質)を総合的に考えることで、健康的な生活を送るための提案ができる食生活全般のスペシャリストです。



私たちの生活を支える『食』は、人生100年時代と言われはじめたここ最近で、改めて注目されています。



食生活アドバイザー®は、食にまつわる社会環境やビジネスに至るまでの幅広い知識を身につける事ができるので、実生活だけでなく、社会活動でも活かせる資格の一つです。

食生活アドバイザー®になるには

食生活アドバイザーになるためには、一般社団法人FLAネットワーク協会が実施する『食生活アドバイザー®検定』を受け、合格することで資格を取得できます。


この資格は民間資格の一つで、食生活アドバイザーになるための『受験資格』はありません。


食生活に興味のある方なら、誰でも検定試験を受けることができます。




独学でも食生活アドバイザーになれる?

食生活アドバイザー®の試験に受験資格はなく、独学でも受験することができます。



書店で専門のテキストなどが購入できるので、どのような内容かが気になる方は一度目を通してみるといいでしょう。



食生活アドバイザー®は知名度も高く、通信講座での勉強サポートも充実しています。独学では不安な方はその他の勉強方法も検討して、確実に合格を狙っていきましょう。

食生活アドバイザー®試験の内容や難易度

食生活アドバイザー®の試験には2級、3級があります。

  • 3級カリキュラム

3級の内容は、『消費者』の視点で食生活を改善を目的とした内容で、主に自身の生活改善に役立つ知識を学びます。


  • 2級カリキュラム

2級は『食を提供する立場』から食ビジネスに関する内容となっていて、より実務的なカリキュラムとなっています。




具体的な試験内容や難易度についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

食生活アドバイザー®の資格の活かし方

食生活アドバイザー®の資格は、それ単体では就職に有利とか、転職しやすいとは言い切れない資格ですが、『食生活の知識』は様々な資格の組み合わせや、場面で役立ちます。


飲食業や医療の仕事との組み合わせにも強く、プライベートでは自身や身の回りの人の生活改善にも活かすことができます。


話題作りや、その後の食に関する知識の発展につながるなど、『食』は私たちの生活を支える基盤の為、たくさんの活かし方があることが魅力と言えます。

食生活アドバイザー®まとめ

この先も家族とともに健康で過ごしていくためには『食』の見直しや正しい知識を習得することが大切。



食生活アドバイザー®の資格は同じ食に関する資格でも『調理師』や『管理栄養士』のように受験資格もなく、誰にでも役立つ食の知識を身につける事ができます。


20年以上の実績のある『食生活アドバイザー®』になって、食生活のスペシャリストを目指しましょう。

通信講座で
\ 食生活アドバイザー®を目指す /

楽天市場店なら楽天ポイントもたまる!!
▶▶▶ユーキャンの食生活アドバイザー(R)(2級・3級)通信講座