専門学校

大阪デザイナー専門学校の偏差値や入試倍率は?口コミ評判や学科・学費も徹底解説

この記事では、大阪デザイナー専門学校を検討している方向けに、偏差値や入試倍率、学校の口コミ評判をまとめて紹介しています。

大阪デザイナー専門学校の入学選考方法は、書類選考や面接選考。また、特待生制度を利用する場合は筆記や実技試験実施されます。

学校カリキュラムやアドミッションポリシー(理想の学生像)を理解して焦らず入学試験に挑めるように準備をする必要があります。

卒業生の口コミ評判を見たり、パンフレットの取り寄せ(無料)やオープンキャンパスを通じて、あなたに合う学校かチェックしていきましょう!

9月!今なら
\ AO入試に間に合う! /

資料請求TOP3!
デザイン・クリエイター系学校

アミューズメントメディア専門学校
認可校だから国の学費支援も対象!安く学びながら在学デビューのチャンスを掴もう

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

代々木アニメーション学院.
▶アニメ、クリエイタースキルならこの伝統校!12万人の卒業実績と地元で学べる環境が魅力

大阪デザイナー専門学校の3つの特徴

大阪デザイナー専門学校は、大阪市梅田と都心部にある学校で、マンガやアニメ、ゲームなどのポップカルチャーをはじめ様々なジャンルのデザインスキルやモノづくりが学べる学校です。

Adachi学園の学校なので、全国に18の姉妹校を持ち、大規模就職イベント「業界EXPO」も魅力。グループ校のつよみであるネットワークを活用して、全国規模で就職先やデビューのチャンスをさがす事ができます。

学校の特徴としては、AO入学に力を入れていてAO入学合格者向けのプレスクールを含めると、最長2.5年教育サポートで進みたい道をしっかり支えてくれる学校です。

その他にもAO入学の奨学金制度もあり、入学者の多くがAO入学を選択しています。

学校の特徴としては

  • AO入学にメリットがたくさんある
  • 就職・デビューサポートが手厚い
  • 幅広い「デザイン」が学べる学校


などがありますので、詳しく見ていきましょう!



AO入学にメリットがたくさんある

大阪デザイナー専門学校はAO2.5教育サポートに力を入れていて、AO入学が決まった学生には無料の早期教育をスタート。

毎月開催のプレスクールでは、各学科に必要な基礎学習講座を開講しています。

来校でも、オンラインでも参加できるので、自宅にいながらでも学習可能。

全く初心者の状態でも、プレスクールを通して学習を進め、入学後にもスムーズに授業に取り組むことができるようになります。

その他にも、AO入学生限定の奨学金制度があります。

筆記・実技試験や面接の選考を経て、奨学生A~Eまで各ランクで1年次の授業料から下記金額の減免を受けることが可能。

特待生ランク減免金額
Aランク47万円
Bランク30万円
Cランク20万円
Dランク10万円
Eランク5万円

さらにAO特待生制度では、チャンスが3回。

1回めの選考で不合格でも、2回目・3回目と試験のチャンスが設けられています。



就職・デビューサポートが手厚い

大阪デザイナー専門学校をはじめとするAdachi学園は全国に18校の姉妹校ネットワークがあり、就職活動でもこのネットワークが活躍。

業界EXPOでは全国の企業約1000社が集合して大型の就職イベントが開催。

現役クリエイターである講師陣や卒業生のネットワークを活用したインターンシップをはじめ、企業説明会、学外・学内コンペディションなど就職・デビューにつながる各イベントも充実しています。

また、学校卒業後も15年間就職や業界デビューなどを専任スタッフが相談に応じてくれるため、安心して学び始めることが可能な環境です。



幅広い「デザイン」が学べる学校

デザインが学べる学校は多いですが、一つの学校でマンガやアニメなどのポップカルチャーからインテリア、プロダクトデザインや特殊メイクまで学べる学校はそう多くはありません。

各学科で必要な施設設備も異なるため、環境を整えるのも大変。

グループ運営の学校であることや、デザイン学校として60年近い歴史があるからこそ実現できるカリキュラムや講師の充実、施設設備。

大阪でデザイン学校をさがすなら、必ずチェックしておきたい学校の一つです。



大阪デザイナー専門学校の詳細・学費

  • イラストレーション
    • イラストレーション
    • アーティスト
    • キャラクターイラスト
    • 絵本作家
  • コミックイラスト
    • コミックイラスト
    • デジタルイラスト
    • デジタルアーティスト
  • マンガ
    • マンガ制作
    • マンガ原作・ライトノベル
  • ゲーム・CG
    • ゲームイラスト
    • ゲームモデリング
    • CGアニメーション
    • ゲームデザイン
  • フィギュアデザイン
    • フィギュア制作
    • ドール制作
  • アニメーション
    • アニメーター
    • アニメ演出・監督
  • 特殊メイク
    • 特殊メイク
    • 特殊造形
  • グラフィックデザイン
    • グラフィックデザイン
    • グラフィックアート
    • 広告デザイン
    • パッケージデザイン
    • 雑誌編集・ブックデザイン
    • Webデザイン
    • モーショングラフィックス
  • インテリアデザイン
    • インテリアデザイン
    • ショップデザイン
    • ホームデザイン
    • ホテルデザイン
  • インテリアコーディネート
    • インテリアコーディネート
    • ショップディスプレイ
    • ショップアドバイザー
  • プロダクトデザイン
    • プロダクトデザイン
    • 生活雑貨デザイン
    • 家具デザイン
  • ファッションデザイン
    • ファッションデザイン
    • コスチュームデザイン
    • ファッション雑貨デザイン

デザインに関連する12学科39コースを設置。

幅広い学科の種類があり、総募集定員720名。

デザイン系の専門学校としては規模の大きい学校です。

研究科
研究科は各学科を2年で卒業、継続して学習したい人向けに設置されている学科です。(1年制:定員40名)



学科の定員と修業年限

学科修業年限定員
イラストレーション2年80名
コミックイラスト2年80名
マンガ2年40名
ゲーム・CG2年60名
フィギュアデザイン2年40名
アニメーション2年40名
特殊メイク2年40名
グラフィックデザイン2年100名
インテリアデザイン2年60名
インテリアコーディネート2年40名
プロダクトデザイン2年60名
ファッションデザイン2年40名



学費について

入学金170,000円

入学金は全科共通で170,000円

学費(年間)94万円
設備費(年額)22万円
その他(校友会費・保険)1万円

各学科授業料は同額となるため、初年度納入金額の目安は134万円

その他に必要な費用としては、

  • 共用教材費・傷害保険料
  • 教科書・教材・用具費(2年間使用分)
  • デジタル一眼レフカメラ(グラフィックデザイン学科)

各学科によって必要金額が異なります。

共用教材費は1万800円~2万8000円。教科書・教材・用具費は3万6000円~20万円が概算。

※傷害保険料はプロダクトデザイン学科、特殊メイク学科のみ。

ポイント

専門学校の初年度納入金の平均金額は125.5万円。(スタディサプリ進学調べ)


デザイン関連でも、フィギュアデザインや特殊メイクなど、教材費が多くかかる学科については費用が掛かる傾向にあります。

資料請求・学校ホームページなど、学校詳細でも確認することができます。



大阪デザイナー専門学校の入試・選考情報

  • AO入学
  • 学校推薦入学
  • 自己推薦入学
  • 一般入学

入学選考区分は上記。

大阪デザイナー専門学校を始め、Adachi学園グループの学校では、特にAO入学に力を入れています。

最大3回チャンスのあるAO特待生制度や、充実のプレスクールによる2.5年教育サポートなど、AO入学限定の特典もあるため、この学校を検討している人はチェックしておきたいですね。

また、このAO入学は高校3年生、再進学の人も出願可能で、入学年の2月ごろまで募集しているのも特徴の一つです。



大学生・社会人の学びなおしについて

大阪デザイナー専門学校は、大学や専門学校、社会人からの再進学を選んだ学生も多く在籍。

学校が公表している情報では、グラフィックデザイン学科では全体の30%が再進学でこの学校に入学しています。

一度別の道を進んではみたものの、自分の進みたい道が決まったり、新たにスキルアップするために専門学校で学びなおしたいと考える人が増えてきています。

大阪デザイナー専門学校では、高校生からの進学と同様にAO入学を視野に入れたり、プレスクールや特待生制度も対象。

実習授業を中心に、希望する業種・職種を目指してスキルアップできるカリキュラムや、業界EXPOをはじめ、徹底した就職サポートも再進学者に人気のポイントです。

全国の就職ネットワークを駆使して、諦めきれない夢を叶えたいですね。


編集長

私も20代半ばで学びなおしのため「専門学校」を選んだ1人です。


社会人からの挑戦は課題も山積みですが、学生の頃よりも学習意欲が高く、何を学んでも新鮮。

もっと早く挑戦しておけばよかったとさえ思いました。

学びなおしには様々な方法がありますが、専門学校は短期間で専門スキルや資格を習得し、キャリアサポートまで受けられます。

全く未経験の業界でも、安心して学び始めることができるようにカリキュラムが組まれているのも嬉しいですね。

最近では、国を挙げて社会人からの学びなおしや職業能力の向上を図る施策に力を入れていて、経済負担を軽減できる奨学金や給付制度なども整ってきています。

ぜひスキルアップの一歩に専門学校も選択肢に入れてみて下さい。





大阪デザイナー専門学校の口コミ評判

大阪デザイナー専門学校のまとめ

大阪デザイナー専門学校は、マンガ・イラスト・アニメなどのポップカルチャーをはじめ、グラフィックデザインやインテリア、特殊メイクまで、「デザイン」に関連する学科が多く展開されています。

各教室にはモノづくりに必要な機材やデザインソフトを使うためのパソコン、3Dプリンターなどが充実。アナログからデジタルまで幅広い制作活動に柔軟に対応可能。

2年間の学校生活のうち75~90%を実習授業にすることで、就職に強い実践力を身に付けることを目指す学校です。

就職サポートでは、業界EXPOなどを通して目指す業界・業種の企業を全国規模で探すことができるのも全国に大きな姉妹校を運営しているからこそ。

再進学学生の多さや、大阪梅田という好立地も学生にとって様々な刺激を受けながら成長できる環境といえそうです。

AOプレスクールや奨学金制度など、学びたい人を後押しするサポートが充実している学校で、あなたにしか作れないモノづくりを始めてみてはいかがでしょうか。



大阪デザイナー専門学校と比較したい!おすすめスクール紹介

専門学校にはそれぞれの特色を生かした学科専攻があります。

また、

  • 地元で学びたい/就職したい
  • もっと高度なスキルを身に付けたい
  • 目指す職業(企業)がある
  • 費用も比較したい
  • 人気のある学校を選びたい

など、学生が学校に求めるものも様々です。

スキル習得や希望の就職・転職を成功させる秘訣は、自分の環境に合った学校選びができるかどうかです。

進学を目指している高校生・大学生は、できる限り具体的に将来像を描いて、夢に近づける学校選びをしたいですね。

社会人には仕事や家庭とのバランスも考え、限られた時間で積極的に学べるオンラインスクール夜間通学可能なスクールも人気があります。

日本には学べる環境がとても多く用意されています。

学校選びはいくつか希望の学校をピックアップし、情報収集やオープンキャンパス、体験レッスンなどを通して比較検討することも大切です。

あなたをサポートしてくれる家族とも情報を共有できるように、必ず資料請求もしておきましょう。

専門性を高めて、理想の将来像を実現できることを応援しています。


9月!今なら
\ AO入試に間に合う! /

資料請求TOP3!
デザイン・クリエイター系学校

アミューズメントメディア専門学校
認可校だから国の学費支援も対象!安く学びながら在学デビューのチャンスを掴もう

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

代々木アニメーション学院.
▶アニメ、クリエイタースキルならこの伝統校!12万人の卒業実績と地元で学べる環境が魅力

-専門学校
-,