専門学校

大阪電子専門学校の偏差値や入試倍率は?学科・学費・口コミ評判を徹底解説

この記事では大阪電子専門学校を検討している方向けに、偏差値や入試倍率、学校の口コミ評判をまとめて紹介しています。

大阪電子専門学校の入学試験では、入学方法によって800字程度のレポートや面接を実施。

学校の詳細やアドミッションポリシー(理想の学生像)を理解して焦らず入学試験に挑めるように準備をする必要があります。

卒業生の口コミ評判を見たり、パンフレットの取り寄せ(無料)やオープンキャンパスを通じて、あなたに合う学校かチェックしていきましょう!

9月!今なら
\ AO入試に間に合う! /

資料請求TOP3!
デザイン・クリエイター系学校

アミューズメントメディア専門学校
認可校だから国の学費支援も対象!安く学びながら在学デビューのチャンスを掴もう

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

代々木アニメーション学院.
▶アニメ、クリエイタースキルならこの伝統校!12万人の卒業実績と地元で学べる環境が魅力

大阪電子専門学校の3つの特徴

大阪電子専門学校は、2021年に創立75周年となる専門学校。

情報エンジニア科や電子工学科、電気設備科を設置していて、次世代のエンジニアの育成を目指して運営されています。

これからのICT分野の成長をはじめ、日本だけでなく世界で活躍できる技術者をめざしている国内外の学生が在籍。

異文化交流も可能で、学生同士刺激を受けあいながら成長することのできる環境も魅力です。

各専攻学科が設けられているため、自分の目指す職業に合わせて学習することもできるので、エンジニアとして専門性を高めて社会に出たいと考えている方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

学校の特徴としては

  • 学生のアイデアを陣族に実現する設備環境
  • 授業以外でも使えるスペースが魅力
  • 時勢に合わせたオンライン授業も可能


などがありますので、詳しく見ていきましょう!

学生のアイデアを迅速に実現する設備環境

現場で即戦力となれるように、実際に現場で使われている3Dプリンターやレーザーカッターなどの機材が揃っています。

アイディアを迅速に実現できる環境です。実習室も専門の部屋が設けられていて、クリスタルホールは関西でも有数の音響設備が自慢です。

現場さながらの臨場感で音響技術を身につけることができ、施工実習室は第2種電気工事士の資格取得のために現場さながらの実習ができるようになっています。

授業以外でも使えるスペースが魅力

明るく開放感のあるコワーキングスペースが設けられていて、自由に勉強や休憩ができます。友達や先生とコミュニケーションを取るスペースとしても活用されています。イートインコーナーには自販機や給湯器、電子レンジなども用意されています。

時勢に合わせオンライン授業も可能

コロナウイルス感染拡大など、時勢に合わせた授業形態がとれるようにオンラインシステムも導入。

外出自粛要請やロックダウンがあっても柔軟に対応することができます。



大阪電子専門学校の詳細・学費

  • 情報エンジニア科
    • プロダクトデザインコース
    • ITコース
    • パソコンメンテコース
    • ネットワークコース
    • Webデザインコース
    • グラフィックデザインコース
  • 電子工学科
    • ロボットコース
    • 電子コース
    • 家電サービスコース
    • 情報通信コース
    • オーディオコース
  • 電気設備科
    • 電気設備コース

学科の定員と修業年限

学科修業年限定員
情報エンジニア科2年80名
電子工学科2年80名
電気設備科2年40名



学費について

入学金250,000円

入学金は全科共通で250,000円


情報エンジニア科・電子工学科
授業料(年間)63万円
施設費・維持費(年間)27万円
実習(年間)8万円



電気設備科
授業料(年間)78万円
施設費・維持費(年間)27万円
実習(年間)9万円

ポイント

専門学校の初年度納入金の平均金額は125.5万円。(スタディサプリ進学調べ)

また、その他諸費用として1年次に

  • 校費 3万7130円
  • 学用品代 6万2000円~19万8000円

が必要になります。

特に電気設備科では学用品費が約20万円と高くなるようです。

また、自宅でのオンライン授業対応となる可能性もあり、個人パソコンの所持を推奨しています。

学科によっては自作パソコン機材費として別途約10万円、授業で必要なソフトが起動できるノートパソコンの購入など、スペックの指定もあるため、入学を検討している方は必ず資料請求をして確認しておくことをおすすめします。


大阪電子専門学校の入試・選考情報

  • AO入試
  • 一般入学

に対応。

AO入学ではレポートによる書類選考と面接が実施されます。

大阪電子専門学校の口コミ評判

タイトル

資格を取得できて、学校の設備もとても整っていたので良かったです。授業はとても分かりやすく丁寧に説明してもらえました。学費は高いですが充実の設備と指導、就職サポートがあるので打倒だと思います。

タイトル

同じ目標をもって頑張る仲間がいたので高め合いながら学習できました。1年目は基礎を学び、2年目からは実践的なことをしっかりと学ぶことができました。就職もすぐに内定をもらえたので良かったです。

タイトル

アクセスも良く設備も綺麗な学校で巣。専門的な知識をしっかり身につけられる学校で、資格も取得できます。就職実績が高いので安心して通えます。

タイトル

施設設備は充実していますが、授業料が高いと感じました。オンラインでの授業はやや受講しにくかったです。

タイトル

授業が分かりにくい先生もいました。オンライン授業は特にやりにくかったです。

大阪電子専門学校のまとめ

大阪電子専門学校は、少人数制のクラス担任制で、一人ひとり丁寧にサポートしてもらうことができます。

全員資格取得、全員卒業、全員就職を目指している学校なので、きめ細やかな指導を受けることができます。

最新の設備、機材、ソフトを完備しているので最先端の技術を学べます。

これまでに3万人を超える卒業生が活躍しているので、まずはオープンキャンパスで学校の雰囲気を体験してみると良いでしょう。

これからますます需要が高くなるエンジニアを目指したい人や、AI、電気設備関係の仕事を目指したい人におすすめです。

大阪電子専門学校と比較したい!おすすめスクール紹介

専門学校にはそれぞれの特色を生かした学科専攻があります。

また、

  • 地元で学びたい/就職したい
  • もっと高度なスキルを身に付けたい
  • 目指す職業(企業)がある
  • 費用も比較したい
  • 人気のある学校を選びたい

など、学生が学校に求めるものも様々です。

スキル習得や希望の就職・転職を成功させる秘訣は、自分の環境に合った学校選びができるかどうかです。

進学を目指している高校生・大学生は、できる限り具体的に将来像を描いて、夢に近づける学校選びをしたいですね。

社会人には仕事や家庭とのバランスも考え、限られた時間で積極的に学べるオンラインスクール夜間通学可能なスクールも人気があります。

日本には学べる環境がとても多く用意されています。

学校選びはいくつか希望の学校をピックアップし、情報収集やオープンキャンパス、体験レッスンなどを通して比較検討することも大切です。

あなたをサポートしてくれる家族とも情報を共有できるように、必ず資料請求もしておきましょう。

専門性を高めて、理想の将来像を実現できることを応援しています。


9月!今なら
\ AO入試に間に合う! /

資料請求TOP3!
デザイン・クリエイター系学校

アミューズメントメディア専門学校
認可校だから国の学費支援も対象!安く学びながら在学デビューのチャンスを掴もう

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

代々木アニメーション学院.
▶アニメ、クリエイタースキルならこの伝統校!12万人の卒業実績と地元で学べる環境が魅力

-専門学校
-,