CodeCamp

【未経験OK?】コードキャンプWebデザインの口コミ評判徹底調査

2021年10月17日

Webデザインが学べるオンラインスクールの中でも、Code Camp(コードキャンプ)は知名度・満足度がトップレベルのスクールです。

でも、検索して出てくるのはプログラミングコースがメインでWebデザインが学べるコースについてはあまり深堀されていないような…。

今回は、Code Campのデザインマスターコースを受講した先輩受講生に直接インタビューして、この講座について詳しく紹介していきます。

ちなみに、2021年9月から『オーダーメイドコース』が追加されました。

自分の目指している目標に向けて最適な学習プランを提案、30以上のカリキュラムが学び放題のコースなので、これから受講を考えているなら要チェックです。

Webデザイナーをめざすなら、CodeCampは必ずチェック!
人気のコードキャンプは、2021年9月からオーダーメイドコースが追加されました。

Webデザインなどの専門講座と同じ料金で、自分だけのカリキュラムで必要なスキルを選んで学習

CodeCamp内のレッスンは実質どれでも対象。

どれが必要かわからない人も、無料カウンセリングで相談に乗ってもらえます。

無駄を省いて重要なスキルだけを確実に身につけることで、自信を持ってアピールできる力が身に付きます。

現場スキルに強い勉強を始めましょう。

待望のオーダーメイドコース誕生!

オーダーメイドコースの詳細はこちら

コードキャンプってどんなスクール?

まずはコードキャンプの基本情報を確認します。

スクール名コードキャンプ
コースオーダーメイドコース
コードキャンプGATE
Webマスターコース
デザインマスターコース
テクノロジーリテラシーコース
身につくスキルHTML/CSS,JavaScript,Bootstrap,PHP,MySQL,Ruby,Python,Photoshop,Illustrator等(コースによって異なる)
ただしオーダーメイドコースは学び放題
料金
(税込)
入学金
33,000円

20回プラン
165,000円

40回プラン
275,000円

60回プラン
330,000円
追加料金
(税込)
1ヶ月の期間延長
33,000円

3ヶ月の期間延長
77,000円

レッスンの追加購入
5,500円
受講スタイルオンライン
マンツーマン
受講期間2ヶ月〜
サポートマンツーマンレッスン
チャットサポート

キャリア支援

コードキャンプは、オンラインで現役エンジニアから直接個人レッスンを受けることができる『個別指導型プログラミングスクール』。



一口にプログラミングと言っても、目指すスキルによって習得したい内容が異なります。

  • エンジニアになりたい
  • プログラミングを身につけたい
  • Webデザインで副業したい



それぞれ目指すべきスキルに合わせて、コードキャンプではさまざまなコースを設定しています。

ほとんど全てのカリキュタムが自由に学べるオーダーメイドコースも誕生し、ますます人気が出てきそうです。

編集長

レッスン満足度は96%以上という人気のスクールです。

codecampの解説

受講者数30,000人以上の実績があり、そのレッスンは、有名企業の新人研修などにも導入されるほど。



導入企業の一例としては

codecamp公式HPより出典

企業研修で使われるスクールなので、それだけ現場レベルで習得してほしいスキルを学べるということですし、実績も十分。

スクール選びで迷って時間を費やすくらいなら、まずはコードキャンプの無料レッスンに参加して肌感で決めるのもありかもしれません。


コードキャンプで学ぶメリット

では、コードキャンプで学ぶメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 全てweb完結で通う必要なし
  • 個別指導だから周りを気にしなくてよい
  • 講師が現役エンジニアだから、実践的な内容を学べる
  • お気に入りの講師を予約できる
  • 年中無休、毎日7:00から23:45までレッスン可能


コードキャンプでは、講師の採用や指導の質を高めるため、厳しい採用基準とレッスン後のアンケートによる受講者評価も行っています。



通過率10%台とも言われる採用選考をクリアしたトップクラスの講師陣が在籍しているため、レッスンの質も高いのが魅力。現役エンジニアの実践的なレッスンが受けられると評判です。

マンツーマンレッスン時には色々聞いて見たい!

こまちゃん

色々な口コミを調べていると、中には『講師が上から目線で指導するから退席したくなった』というものもありました。

これについては、コードキャンプのメリットでもある

  • 講師を自分で選べる
  • 講師評価を行う

といったことで対応できそうです。

また、2021年9月から、『オーダーメイドコース』が追加。

受講料変わらず、コードキャンプで学べるカリキュラムがほぼ全て受け放題になるコースが注目されています。

詳細記事はこちら




コードキャンプのデメリット

スクールを選ぶ際には、デメリットもしっり確認しておく必要があります。

コードキャンプのデメリットとしては

  • web完結のため、個人レッスン以外の時間は自分でスケジュールを管理して勉強を進めていく必要がある(モチベーション維持が大切)
  • 受講生同士の交流はなし
  • 通学して直接サポートが受けられない
編集長

どれもコードキャンプだけでなく、『webスクールのデメリット』とも考えられますね。


人によってはメリットにもなりうる事なのでグレーゾーンというべきかも。

社会人からの学びは特に、レッスン以外の時間も自分で学習を進めていくことが大切です。



仕事や家庭があったりとバックヤードは様々ですが、目標に向かって努力するのは自分自身。プログラミングは覚えることも多い為しっかりと継続した努力が求められます。


コードキャンプで学べる事

コードキャンプでは、学びたい事に合わせてコースをえらべます。



主なコースは

  • webマスターコース
  • デザインマスターコース
  • Rubyマスターコース
  • Javaマスターコース
  • アプリマスターコース
  • Pythonデータサイエンスコース
  • WordPressコース

RubyやPythonなどは、プログラミング言語の種類です。


初めて聞く方も多いと思いますが、自分が得意とする言語が一つでも見つかるとプログラミングへの興味が広がり、他の言語へも挑戦したくなるかもしれません。


もしあなたがwebデザインについて学びたいのであれば、『デザインマスターコース』がおすすめです。


主婦もコードキャンプで学べる?

PCと女性

もちろん学べます。ただし、

学んだ知識を活かして働きたい!web業界で仕事がしたい

というしっかりとした目標を持つことも大切です。



web業界ではwebデザインだけでなく、企画やライティングなどたくさんの役割を担うことが多く、華やかに見えても実は地道な作業の積み重ね。



しっかりと意思をもって挑まないと挫折してしまいます。



どの業界もそうですが、仕事についたら終わりではなく、その後も学び続ける努力が必要です。





コードキャンプは、会社や学校などで日中学ぶことができない人も個別指導が受けられるように、朝7時から夜23時40分まで開講。




基本的には独自のweb教科書を利用しながら自身で勉強を進め、わからないことを個別指導で確認していくスタイルです。


個別指導ではPC画面を共有しながら、Google Meet(無料のビデオ通話)を利用してレッスン。


実習課題もありますが、期間内であれば合格するまで何度でも取り組むことも可能




一回あたりのレッスン時間は40分としっかり時間を取ってくれるので、レッスン前にわからないことまとめておくと、時間をかけて聞くこともできます。

CodeCamp 公式サイトへ




コードキャンプに向いている人

コードキャンプに向いている人は以下のような人です。

  • 自分でしっかり勉強を進めていける
  • 日中は時間が取りにくいので、夜間にレッスンを受けたい
  • 子どもが小さいので、自宅で完結したい

 

プログラミングが学びたくても、近場には無い…。


市街地に出る必要がある人もいますよね。


他にも子育て中のママなら、なかなかスクールに通うことも難しかったりします。やっぱりオンライン完結って重要なポイントの一つです。

編集長

居住地の自由や、レッスン時間の自由が利くコードキャンプならこの問題もカバーできそうです。<



コードキャンプはやめておいた方がいい人

メリットの多いコードキャンプですが、やはり向き不向きはあります。



具体的には

  • スクールで直接指導を受けたい
  • ほかの受講者と励ましあいながら勉強したい
  • web上で顔面をさらしてビデオ会話したくない
  • もっと短期間で学びたい

と考えている人です。その中でも、『web上で顔面をさらしてビデオ会話したくない』については、解決策をご紹介!


編集長

受講者側はモニターをOFFにしてレッスンを受けることができます。


夜のレッスンの際、部屋着&すっぴんでも安心



気になるおすすめコースや料金

気になるコースと料金ですが、


codecampの料金やプランは大きく分けて2つあります。

  • スキルをしっかり身に付ける
    CodeCampコース
  • 未経験からの転職を目指す
    CodeCampGATEコース


未経験からwebデザイナーを目指すのであれば一番おすすめは、CodeCampコースのマスターコースにある『Webデザインマスター』です。

コースが多いとわかりづらい

こまちゃん

コードキャンプ コース表


まだ受講期間やコースが具体的に決まっていない人は、公式サイトから無料体験をしてみて、カウンセリング時に相談してみるのも方法のひとつ。

自分がどんなスキルを身に付けたいのかを伝えれば、相談を受けてくれます。

CodeCamp 公式サイトへ


デザインマスターコース

デザインマスターコース

このコースでは未経験者のために、デザインツールの使い方を基礎から学び、webサイト作成を本格的に学ぶことができます。

今後、在宅や副業、フリーランスなど自由な働き方を目指している方やコーディングスキルを身につけたい方が受講されているコース。

無料体験をした方に、受講料の割引なども実施していることがあるので、要チェックです!!


webマスターコース

webマスターコース
コードキャンプHPより出典

webマスターコースでは、プログラミングやシステム開発を本格的に学びたい人向けのコースです。

Webデザインを学びたいなら”デザインマスターコース”でいいの?

こまちゃん
編集長

希望する働き方にもよるけど、デザインマスターコースであれば、専門的な内容も学べるから就職の際にも差別化を図れます。

2021年9月から登場のオーダーメイドカリキュラムでもWebデザインを学ぶことができます。

自分に必要なスキルを無駄なく学習できるので、これからコードキャンプの受講を考えている人は、こちらのコースも検討してみましょう。

CodeCamp 公式サイトへ



コードキャンプの料金はお財布に優しいの?

コードキャンプの料金はほかのwebデザイナースクールに比べて非常に安く設定されています。

コースの料金を見てみましょう。



今回紹介している、『デザインマスターコース』と『webマスターコース』のプランは同額です。


学習期間ごとに金額が異なり


最短で習得するなら
2か月プランで148,000円


4か月プランなら248,000円


6か月プランならなんと298,000円!!



なんと2か月+4か月の料金よりも約10万円もお得に勉強ができてしまいます。

入学金が30,000円必要。Adobeツールを使う場合は個人契約しておく必要があります。

その中でも、未経験の主婦が家事や育児、仕事などと両立するなら6か月プランがおすすめ!



毎週5~10時間の自己学習をしながら週に2~3回個別指導を受けることで、自分のペースでしっかり身につけていくことができます。

日中勉強時間をとれるなら、4ヶ月プランでもいいでしょう。

分割での支払いも可能なので、自己投資として考える事もできます。


継続してないジムやあまりお得感のないサブスクなど、意外とそのままにしている出費も多いはず。自分のスキルを磨くための投資に変えてみませんか?

CodeCamp 公式サイトへ



まずは『無料カウンセリング』で自分に合っているかチェックしよう

どれだけ概要が分かっても、自分に合うかは実際に試してみないとわかりません。
コードキャンプでは、30秒ステップでカウンセリングを受けることができます

カウンセリングと言うと、ハードルが高くなる人もいるかもしれません。

実際には無料でコードキャンプを体験して、自分に合ったスクールかどうかを見極める無料期間のことなので、いきなり入会を迫られるようなことはないので安心してください。

30秒3ステップで無料体験を試してみよう

まずは下記からコードキャンプのサイトへ行きます。

コードキャンプ公式HP

コードキャンプHPより出典

無料体験したいコースの『無料体験を試してみる』をクリック

カウンセリング方法
コードキャンプHPより出典

希望する日時を選択

カウンセリング方法
コードキャンプHPより出典

登録したいアカウントか、メールアドレスを入力して完了!

以上の3ステップで無料体験の申し込みが完了します。


CodeCamp 公式サイトへ