インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターになるには?必要な資格や勉強方法

インテリアコーディネーターになるためにはどんな資格が必要なのでしょうか。

この記事では、インテリアコーディネーターになるために取得すべき資格や、持っておくと仕事をする上で役に立つ資格について紹介しています。

インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターになるためには、建築業界などに就職し、店舗や住居等のインテリアに対する顧客の要望を、内装(壁紙、カーテン、照明、カーペット、インテリア小物、家具家電など)で具現化する仕事につくことでなれます。


国家資格のように業務上必ず取得すべき資格はありませんが、公益社団法人インテリア産業協会が主催する『インテリアコーディネーター』の資格を取得する人が多く、この資格が肩書きになることもあります。

インテリアコーディネーターに必要な資格

インテリアコーディネーターになるために必要な資格はありません。

インテリアコーディネーターの資格は民間資格の一つなので、医師や弁護士のように資格がないと名乗ることも働くこともできない職業ではないのです。

しかし、『インテリアコーディネーター』の資格を取得していることで、一定の知識とスキルがあることの証明になります。


建築業界や設計・デザイン会社、建築関係の企業に就職や転職を考えている場合は、資格をアピールすることができ、企業によっては優遇される資格です。

また、業務の上でも、『インテリアコーディネーター』の資格を保有していることで肩書を得る事になるため、顧客から信頼を得やすくなる事にもつながります。

インテリア業界に必ず必要な資格はない

インテリアコーディネーター以外にも

  • インテリアデザイナー
  • インテリアプランナー

といった資格・職業が存在します。

どの資格も知名度は高く、専門的な知識やスキルを証明する資格ですが、必須の資格ではありません。


インテリアコーディネーターも含め、仕事をする上では自分のスキルを証明できるという観点から、これらの資格は『あった方が有利な資格』と認識しておきましょう。


資格があることも大切ですが、実務での自分の経験と知識、センスも大きな武器となる業界です。

インテリア業界に入ってから資格を取ることもできる

前述したように、インテリア業界で働くために必ず取得しなければならない資格はありません。

なので、未経験者歓迎の求人から企業に就職し、実践しながら知識やスキルを身につけていくことも十分可能と言えます。

実際に、経験を積んだのちに資格試験に挑戦する方もいらっしゃいます。


どうしても早く就職して、インテリア関係の仕事がしたいと考えている方は、就職後に資格を取得する方法も選択肢の一つですね。

しかし、インテリアコーディネーターは人気の職種でもあるため、就職や転職の際には資格所有者や経験者を優先採用することもあります。


今からこの業界に転職などを考えている場合は、資格の取得をしてから求人に応募することも採用されやすくなるコツです。

もっておくと役立つ資格とは

インテリアコーディネーターの仕事は、建築業界と密接な関係があります。


仕事するうえでは、やはり建築に関する知識も一定レベルで習得していることが、企業側としても望ましいと考えられます。

なので、

CAD

2次元や3次元のCADソフト操作スキル

パソコンを使て製図をおこなえると、自分のデザインを表現できたり、内装を図面に起こすことができるようになる

カラーコーディネート

色彩についての知識

インテリアコーディネーターの仕事において、色の持つ表現力を活かすことで、家具や内装を効果的に組み合わせたり配置することができる

2級建築士

戸建住宅などの建築物の設計や工事管理などを請け負うことができる資格

建築の段階から内装に関わることも少なくないため、建築士の知識があると、建物全体を見て、より良いアイデアや提案が可能になする


なども合わせて取得を検討してみるといいですね。


仕事の幅を広げるためにも自分も知識やスキルを習得していく心構えが大切です。

その他にも、お客様とのコミュニケーションが必要不可欠な仕事の為、イメージを汲み取り、具現化したり、アドバイスなどを行うコミュニケーション能力もインテリアコーディネーターには必要なスキルです。

インテリアコーディネーター試験に受かるための勉強方法

インテリアコーディネーターの資格を取得するためには、毎年1回(一次、二次あり)のインテリアコーディネーター検定に合格する必要があります。

勉強方法としては、



  • スクール
  • 通信講座
  • 独学

といった方法がありますが、時間や費用、学習教材などはそれぞれの勉強方法によって異なります。


各手段の特徴などをしっかりと確認をして、試験対策を行っていきましょう。

スクール

通学制のインテリアコーディネータースクールです。

独学や通信講座比べ、モチベーションも高く保てます。

通学や授業のために時間の確保をする必要があるため、社会人や主婦からインテリアコーディネーターを目指す人にはあまり現実的でない方法です。

時間の確保や、費用を心配しなくてもいい人いは、スクールは実際にその場で質問したり、同じ目標の人とつながることができるのでおすすめです。

通信講座

通信講座はスクールと独学の中間と考えるとわかりやすいです。


申し込みをすると。教材が送られてきます。テキストやDVD、e-ラーニングなどを利用して自分で勉強を進めていくスタイル。

質問も受け付けてくれる講座が多く、わからないことをそのまま放置しなくてOK。

完全な独学では勉強の維持が心配な方や、スクールは無理と考えてしまう人には通信講座がぴったりです。

独学

必要なのはテキストと問題集のみ。


最も費用を抑えて勉強できるのが独学です。

独学はモチベーションの維持が難しい事と、不合格だった場合の次回の受験料などがかさむ可能性があります。

資格試験の勉強になれている方であれば、一時試験独学、二次試験は単体講座のみ受講するといった組み合わせもあります。

(二次試験は作図の課題もあるため、DVDやe-ラーニングなどの視聴できる講座の受講をおすすめします。)


勉強方法は様々ありますが、

費用が安い

教材がしっかりしている

短期間での受験が可能

就職サポートなどあり

など、自分にあった勉強法を選んで、インテリアコーディネーター試験に挑みましょう