専門学校

広島工業大学専門学校の口コミ評判は?学費・偏差値や倍率、学科も徹底解説

この記事では、広島工業大学専門学校を検討している方向けに、偏差値や入試倍率、学校の口コミ評判をまとめて紹介しています。

広島工業大学専門学校の入学試験では、選考方法によって書類選考だけでなく面接試験も実施されます。

学校の詳細やアドミッションポリシー(学校が求める学生像)を理解して、焦らず入学試験に挑めるように準備をする必要があります。

卒業生の口コミ評判を見たり、パンフレットの取り寄せ(無料)やオープンキャンパスを通じて、あなたに合う学校かチェックしていきましょう!

11月は意外と穴場?
\ 入学枠を確認しよう /

当サイトで人気のスクール
デザイン・クリエイター系

 

アミューズメントメディア専門学校
▶在学デビューを目指せる専門学校!就職&デビュー実績多数の認可校は国の学費支援も対象!

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

広島工業大学専門学校の3つの特徴

広島工業大学専門学校は土木建築からITスキル、音響・映像まで、専門性の高い工業スキルを習得することのできる学校です。

県内では工業専門課程と文化教養課程を併せ持つ唯一の総合専門学校

未経験からでも基礎からしっかり学び、将来性のある「ものづくり」ができる人材に成長することができます。

学校が一丸となって学生をサポートし、就職率も2020年実績98.3%と高い実績を誇っています。

広島工業大学への編入の道もあるので、高度な工業系スキルをしっかり身に付けたいなら広島工業大学専門学校を検討してみてはいかがでしょうか。

学校の特徴としては

  • 広島工業大学への編入制度がある
  • 全学科「職業実践専門課程」として認定
  • 海外研修などグローバルな活動ができる


などがありますので、詳しく見ていきましょう!



広島工業大学への編入制度あり

もっと深く学習したい!もっと専門性を高めたいという学生は、系列の広島工業大学への編入制度を利用することができます。

学内推薦として条件はありますが、専門学校で学んだことをきっかけに「やりたい事」が見つかったら、もっと学びを深めて専門性を高めていく道を選ぶことができます。

未来の選択肢が多いことは大きなメリットです。



全学科「職業実践専門課程」に認定

職業実践専門課程は、それぞれの専攻分野における知識や技術において、国が職業教育の水準の維持向上を図ることを目的として認定し奨励するものです。

広島工業大学専門学校では全学科(2課程7学科)が認定。

ここで学べば、各職業で役立つより実践的な内容を学ぶことができるということです。

IT・Web業界は常に新しい情報が求められる業界なので、社会に出てから即戦力となる力を在学中に身に付けておくことは必須。

確かなカリキュラムでしっかりとスキル習得を目指していきたいですね。



海外研修など、クローバルな活動ができる

広島工業専門学校はシンガポールとベトナムにある姉妹校と、学生交流などの国際交流できるプログラムもあります。

これから社会に出て活躍するためには、国際的な視点で考えて行動する人材が求められます。

希望者は夏休みを利用して1~2週間の海外研修旅行や海外インターンシップ、短期留学をすることができ、1人でも多くの学生が参加できるように支援金制度も設けられています。

専門学校でこれだけの海外研修が整った学校は少なく、魅力の一つです。



広島工業大学専門学校の詳細・学費

職業実践専門課程 工業専門課程

  • 建築学科
  • 土木工学科
  • 電気工学科
  • 機械工学科
  • 情報学科
  • ITスペシャリスト学科


職業実践専門課程 文化・教養専門課程

  • 音響・映像メディア学科


工業系専門学校なので、土木建築、電気、機械など各専門学科では資格取得や高度なスキル習得のためのカリキュラムが組まれています。



IT・Web系学科も充実

広島工業大学専門学校は2課程7学科あり、それぞれ専門性の高い知識とスキルの習得を目指します。

IT・Webが学べる学科情報学科では情報社会で活躍するためのIT知識やビジネスを学びます。

習得スキルは幅広く、プログラミングやセキュリティ知識、Webデザインビジネスマネジメント、マーケティングなど。

もっと深く学びたい人は2年進級時にITスペシャリスト学科(3年制)への転科も可能です。

ITスペシャリスト学科ではITエンジニアを目指すためAIプログラミングやビジネスデータ分析、ネットワーク構築など専門性の高いITスキルを3年かけて習得。

情報技術者試験やネットワークスペシャリスト試験などの国家資格を始め、知識とスキルを証明できる資格試験合格を目指します。

ITスペシャリスト学科・情報学科ともに出身学科は普通科が約90%。

初心者から体系的に学び、就職率は100%という実績もあります。

未経験からでも各分野の即戦力として活躍する人材へと成長できそうです。



学科の定員と修業年限

定員修業年限
ITスペシャリスト学科15人3年
情報学科25人2年
電気工学科40人2年
機会工学科40人2年
建築学科80人2年
土木工学科40人2年
音響・映像メディア科40人2年
建築士専攻科40人1年

広島工業大学専門学校は、学校規模が大きく学生数も多いです。

特に建築系の学科は定員が80人。将来建築士やインテリアコーディネーターといった住環境に関わる仕事を目指す学生が多いです。

IT・Web系学科は定員数が絞られていますが、その分一人一人がしっかりと学べる環境でもあります。



学費について

入学金100,000円

入学金は全科共通で100,000円

ただし、学校推薦型選抜Ⅰ入学(専願:指定校推薦入試)の対象者は半額の50,000円になります。


授業料(年間)600,000円
実験実習料(年間)250,000円
施設設備資金(年間)200,000円

初年度納入金額の目安は105万円

学費は前科共通で、初年度の金額が卒業まで適応されます。

また、委託徴収金として

  • 学生共済
  • 健康診断費
  • 学友会費
  • 同窓会準会員入会金(1回限り)

などが別途17,000円程度必要になります。

その他教科書代等の諸経費については各学科・学年によって異なりますが30,000~64,000円程度を見込んでおくと安心です。(過去実績)

ポイント

専門学校の初年度納入金の平均金額は125.5万円。(スタディサプリ進学調べ)

学費・委託金・教科書等の費用を合わせても、専門学校の平均よりも安めの学費設定と言えそうです。

ITスペシャリスト学科・情報学科ではパソコン(学校推奨機)の購入として別途約12万円がかかります。



広島工業大学専門学校の入試・選考情報(倍率や偏差値など)

  • 学校推薦型選抜Ⅰ(指定校推薦入試)
  • 学校推薦型選抜Ⅱ(推薦入試)
  • 第一種特待生選考(学校推薦型選抜)
  • 総合型選抜Ⅰ(チャレンジ推薦入試)
  • 総合型選抜Ⅱ(自己推薦入試)
  • 一般選抜(一般入試)
  • 第一種特待生選考(一般入試)

【専願】対象の出願区分です。

選考方法は書類審査(成績・出席状況・所見・調査書を総合的に審査)となります。※一般選抜の場合は条件によって面接試験あり。

特待生選考を受ける場合は

  • 学科試験(数Ⅰ・A)
  • 面接試験
  • 書類審査

が必要になります。



【併願】の一般選抜入試もあり、選考方法は

  • 面接試験(オープンキャンパスで出願学科の個別相談参加者は免除)
  • 書類審査(成績・出席状況・所見・調査書を総合的に審査)

となります。

オープンキャンパスでの個別相談参加者に対する優遇が手厚いです。
入学検討している人は早めに資料請求をしてオープンキャンパスへの参加を検討しておきましょう!


各専門学校では専願や推薦入学試験をメインに学生募集をしているため、大学のように倍率や偏差値よりも評定平均や意欲にフォーカスされます。

なるべく早い段階で出願に必要な条件を確認・オープンキャンパスなどに参加しておくことをおすすめします。



広島情報ビジネス専門学校の口コミ評判

学んだことがいきている

建物も機材も古いけどいい学校です。
授業への取り組み方や専門性の高い内容の学科が多い。

広島工業大学専門学校のまとめ

広島工業大学専門学校は国が定める職業実践専門課程にすべての学科が認定されています。

実践的な知識やスキルを習得し、目指す職業に向けて一直線で進みたい人は銭検討してみてはいかがでしょうか。

系列の広島工業大学への編入制度や、情報学科(2年制)からITスペシャリスト学科(3年制) への転科制度もあり、学びたい学生は高みを目指していくこともできます。

全科で就職率が高く、工業系専門学校としておすすめな学校の一つです。

やや学費面では平均~高めではありますが、将来的の選択肢も多く学生として学びやすい環境が整っています。

各種奨学金制度や女子生徒向けの支援金制度などもあるので是非詳しい内容を確認してみてください。



広島工業大学専門学校と比較したい!おすすめスクール紹介

専門学校にはそれぞれの特色を生かした学科専攻があります。

また、

  • 地元で学びたい/就職したい
  • もっと高度なスキルを身に付けたい
  • 目指す職業(企業)がある
  • 費用も比較したい
  • 人気のある学校を選びたい

など、学生が学校に求めるものも様々です。

スキル習得や希望の就職・転職を成功させる秘訣は、自分の環境に合った学校選びができるかどうかです。

進学を目指している高校生・大学生は、できる限り具体的に将来像を描いて、夢に近づける学校選びをしたいですね。

社会人には仕事や家庭とのバランスも考え、限られた時間で積極的に学べるオンラインスクール夜間通学可能なスクールも人気があります。

日本には学べる環境がとても多く用意されています。

学校選びはいくつか希望の学校をピックアップし、情報収集やオープンキャンパス、体験レッスンなどを通して比較検討することも大切です。

あなたをサポートしてくれる家族とも情報を共有できるように、必ず資料請求もしておきましょう。

専門性を高めて、理想の将来像を実現できることを応援しています。


-専門学校
-,