専門学校&その他教育機関

専門学校コンピュータ教育学院の偏差値や入試倍率は?学科・学費・評判まで徹底解説

2022年1月26日

専門学校コンピュータ教育学院について教えて

こまちゃん
編集長

開校当初から産学連携を実践してきた歴史ある専門学校です。

野球に力を入れているのも特徴的。詳しく紹介します。

専門学校コンピュータ教育学院は、福岡市にある情報処理・メディア学科を展開する専門学校。

1970年に今のコンピュータ教育学院となったときから「産学連携」をいち早く取り入れ、社会に出た後も即戦力となれる人材の育成に力を入れています。

アスリートとしてスポーツに専念しながら将来的に役立つITスキルも学べる、国内でも数少ない学科も魅力のひとつ

就職支援や転職サポートなど、学生・卒業生へのサポート体制も整っているので、パソコンにあまり詳しくない初心者からでも安心してIT業界への一歩を踏み出せるでしょう。

地元で学びたい人、スポーツも全力で取り組みたい人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

入試のチェックポイント

多くの専門学校では、偏差値が気になる大学入試などの学力試験とは違い、本人のやる気や適性を見極める総合選抜(旧AO入学)、推薦入学や一般入学・社会人入学等を中心に選考を行っている学校が多くあります。

また、願書受付が一定数を越えると募集終了となりうるため、入試倍率よりも、早めの情報収集と行動がポイント

オープンキャンパスへの参加がメリットになることも多いので、学校の情報収集や資料請求を必ずしておきましょう。


無料パンフレットは
\ 3ステップ /

この学校の資料を請求する


専門学校コンピュータ教育学院の3つの特徴

  • パソコン貸し出し、卒業後は進呈
  • 学生サポートが充実している
  • スポーツとITスキル「文武両道」で学べる



1人1台パソコン貸し出しあり、卒業後は自分のものに

専門学校コンピュータ教育学院では、入学時に1人1台のパソコン貸し出しがあります。

授業で利用する他、自宅学習やプライベートでの利用も可。

パソコンを持っていない学生も、入学時に急いで準備する必要がありません。

また、社会情勢によっては自宅でオンライン授業となる場合もありますが、独自の学習支援システムを利用して安心して学習することもできます。

専門学校コンピュータ教育学院とメディアコミュニケーションどちらも利用できるシステムで、課題や宿題、連絡事項のやり取りや、コミュニティの利用もできます。

情報処理やITに強い学校だからこその強みでもあります。



学生サポートが充実している

独自のサポートとして

  • 国家試験保障制度
  • 就職保障制度
  • 長期病欠保障制度

など特徴的な内容。

情報処理やIT業界では知識とスキルの証明に、資格がとても重要。

国家資格・民間資格問わず履歴書に書ける資格がたくさんあります。

この国家試験保障制度では「基本情報技術者試験」「ITパスポート試験」に合格できなかった場合は学費免除で合格できるまで学習をサポートするシステム。

確実に資格取得を目指せるので、安心して学習できます。

全学科に試験対策科目があるなど、資格取得には学校を上げて力を入れています。

就職保障制度では、万が一就職が決まらなかった学生に対して、就職が決まるまで、学費免除でサポート。

専門学校卒業後の就職をマストミッションとしている学校ならではのサポート内容です。

またこの学校を卒業した後も、転職や再就職を希望する学生に対して一生涯就職先紹介をするシステムも。

就職・転職で困った時にはいつでも相談できるのありがたいですね。



スポーツとITスキルを同時に学べる

スポーツもITスキルもしっかり学びたい!と言う人は、専門学校コンピュータ教育学院メディアコミュニケーションに「スポーツテクノロジー学科」があります。

専門学校所属の硬式野球部「沖データコンピュータ教育学院」も運営しており、専用ブルペンを完備した室内練習場も完備。

本格的な施設を完備している数少ない学校の一つです。

野球もあきらめず、ITスキルも身に付けて、社会人野球チームのある企業や実業団への就職を目指したい人などに紹介したい専門学校です。

学科の詳細としては、午前中にITスキルの学習を行い、午後にスポーツ実践練習のカリキュラム。

ITパスコーやJ検、MOSなどの資格取得も可能で、文武両道で頑張りたい学生が多く在籍しています。

過去にはプロ野球選手も排出しており、実績も十分です。



専門学校コンピュータ教育学院の詳細・学費

コンピュータ教育学院
  • 情報処理技術学科
  • 情報システム学科
    • AI専攻
    • ロボット専攻
  • 未来創成情報学科



専門学校コンピュータ教育学院 メディアコミュニケーション
  • ビジネスライセンス学科
  • ITメディア学科
    • ITメディアコース
    • e-スポーツコース
  • メディアコミュニケーション・スポーツテクノロジー学科
    • アスリートコース

専門学校コンピュータ教育学院には2つの校舎があります。

学ぶ学科によって校舎が異なりますが、各種イベントは合同で実施。

文化祭や体育祭では数百人規模で学生が集まるので、にぎやかなイベントになりますし、各クラブ活動も活発です。

同じ趣味をもつ学生に出会えたり、クラブ活動を通して交流できる学校と言えるでしょう。



学科の定員と修業年限

コンピュータ教育学院
学科修業年限定員
情報処理技術学科2年160名
情報システム学科3年80名
未来創成情報学科4年15名



コンピュータ教育学院 メディアコミュニケーション
学科修業年限定員
ビジネスライセンス学科1年40名
ITメディア学科2年40名
メディアコミュニケーション・スポーツテクノロジー学科3年80名

ビジネスライセンス学科は、経理や事務の仕事に必要な知識やPCスキルを1年で学習する学科。

ビジネス文章の作成も丁寧に指導があり、パソコン初心者でも十分に成長することが可能です。

ビジネスパーソンに必須の簿記やビジネス検定、MOS資格、秘書検定などの資格取得を目指します。

ITメディア学科では、Webデザインをはじめ。DX社会で通用する人材になるための知識とスキルの習得を目指すカリキュラム。

e-スポーツコースではゲーミングスキルやプログラミングなどのITスキルの習得、コミュニケーションスキルの向上を目的としています。

午後からはスポーツ教育学実践演習として、e-スポーツを実践する時間もカリキュラム化されているところが特徴です。



学費について

専門学校コンピュータ教育学院
未来創成情報学科・情報システム学科・情報処理技術学科
全学科100万円



専門学校コンピュータ教育学院 メディアコミュニケーション
ビジネスライセンス学科60万円
ITメディア学科85万円
メディアコミュニケーション・スポーツテクノロジー学科90万円



入学金込みの初年度納入金額は60~100万円

学科によって幅がありますが、より高度な知識を学べる学科で金額が高い傾向にあります。

また、別途教材費等が必要になりますが、こちらは各学科によって異なります。

パソコンの無料貸し出しは、パソコン初心者、購入を検討している人には初期費用を抑えられるとメリット大。卒業後にはそのまま進呈されるので、実質的には購入金額が学費に組み込まれているとも言えそうです。

ポイント

専門学校の初年度納入金の平均金額は125.5万円。(スタディサプリ進学調べ)


平均的な金額と比較しても、安めの学費設定ではないでしょうか。

今後自分でパソコンの購入を使用と考えている人は、PC費用についても準備が必要です。



専門学校コンピュータ教育学院の入試・選考情報

  • AO入学
  • 指定校推薦入学
  • 推薦入学
  • 一般入学
  • 併願入学

から選択可能。

指定校推薦を希望する人は、評定平均が3.0以上であることが条件ですが、選考料がかからない点がメリットです。

AO入試はオープンキャンパスへの参加が条件で、エントリー選考は面接のみ。早めに進路が決まれば、残りの高校生活を楽しんだり、目指す進路の勉強を始める時間の余裕を作ることができます。

学校が気になっている人は事前に資料請求などをして、早めに行動を始めておくとよいでしょう。



専門学校コンピュータ教育学院の口コミ評判

専門学校コンピュータ教育学院のまとめ

専門学校コンピュータ教育学院は歴史ある学校ですが、常にIT業界の先を見据えたカリキュラムと、産学連携で即戦力となる人材の育成に力を入れている専門学校です。

学生一人一人と向き合うサポートは、卒業後もずっと続き、安心して学べる環境を提供。

スポーツを極めたい人にも、今後社会に出て役立つITスキルが学べる学科が設定されている数少ない学校です。

本気で野球に取り組みたい人、社会人になってもスポーツを続けたいと考えている人をはじめ、地元福岡で学んで、確実に就職を目指したい人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。



専門学校コンピュータ教育学院と比較したい!おすすめスクール紹介

専門学校にはそれぞれの特色を生かした学科専攻があります。

また、

  • 地元で学びたい/就職したい
  • もっと高度なスキルを身に付けたい
  • 目指す職業(企業)がある
  • 費用も比較したい
  • 人気のある学校を選びたい

など、学生が学校に求めるものも様々です。

スキル習得や希望の就職・転職を成功させる秘訣は、自分の環境に合った学校選びができるかどうかです。

進学を目指している高校生・大学生は、できる限り具体的に将来像を描いて、夢に近づける学校選びをしたいですね。

社会人には仕事や家庭とのバランスも考え、限られた時間で積極的に学べるオンラインスクール夜間通学可能なスクールも人気があります。

日本には学べる環境がとても多く用意されています。

学校選びはいくつか希望の学校をピックアップし、情報収集やオープンキャンパス、体験レッスンなどを通して比較検討することも大切です。

あなたをサポートしてくれる家族とも情報を共有できるように、必ず資料請求もしておきましょう。

専門性を高めて、理想の将来像を実現できることを応援しています。



\ 全国のスクールの資料請求が可能! /

学校の資料請求をする

簡単3ステップ登録!

こまちゃん

当サイトでよく資料請求される学校

 

資料請求No.1 
アミューズメントメディア総合学園
▶声優・アニメ・マンガ業界を目指すなら必ずチェック!在学中から商品として作品を送り出せる独自システムのある学校。

 

資料請求No.2 
代々木アニメーション学院
▶代アニの歴史はアニメの歴史!12万人の実績と全国展開で、地元で学びながら就職やデビューを目指せる学校。

 

資料請求No.3 
総合学園ヒューマンアカデミー
▶なりたい自分になる!業界最先端教育と97.9%の進路決定率が特徴のカンパニースクール。

-専門学校&その他教育機関
-,