専門学校

阿佐ヶ谷美術専門学校の口コミ評判は?偏差値や倍率、学科・学費も徹底解説

阿佐ヶ谷美術専門学校の倍率や偏差値、口コミ評判

この記事では、阿佐ヶ谷美術専門学校を検討している方向けに、学校の口コミ評判や、入学前に気なる偏差値や入試倍率などの情報を紹介しています。

阿佐ヶ谷美術専門学校では、学力試験はありませんが入学区分によっては面接を実施する場合があります。

学校詳細やアドミッションポリシー(学校が求める学生像)をよく理解して試験に挑む準備をしておきましょう。

卒業生の口コミ評判をみたり、パンフレットの取り寄せ(無料)やオープンキャンパスを通じて、あなたにあう学校かチェックしていきましょう!

9月!今なら
\ AO入試に間に合う! /

資料請求TOP3!
デザイン・クリエイター系学校

アミューズメントメディア専門学校
認可校だから国の学費支援も対象!安く学びながら在学デビューのチャンスを掴もう

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

代々木アニメーション学院.
▶アニメ、クリエイタースキルならこの伝統校!12万人の卒業実績と地元で学べる環境が魅力

阿佐ヶ谷美術専門学校の3つの特徴

学校の特徴

阿佐ヶ谷美術専門学校は、デザインやアート、映像について学ぶことができる美術専門学校です。

クリエイティブな技術を身につけるだけでなく、社会生活の基礎やルールも身につけて、社会人として羽ばたけるようなサポート体制。

伝統ある学校なので、卒業生も沢山活躍されています。

学校の特徴としては

  • なりたい自分を目指せる
  • 充実の設備
  • 就活サポートがあり安心

などがありますので、詳しく見ていきましょう!


段階を経てなりたい自分を目指せる

1年次は、基礎学年となっていて、デザインや美術の基礎を学びながら自分が目指したい学科を決めることができます。

2年次と3年次は専攻学科。

仕事に繋がる技術をしっかりと学ぶことができます。

デザイン学科、コンテンツ学科、アート学科に分かれ、それぞれでさらに細かなコースが用意されています。

その後、さらに学びを深めたい場合は、研究科に進めます。


充実の設備

デザインやアートを学ぶために必要な工房や設備が充実しています。

デッサン室は石膏像が沢山あり、版画工房ではシルクスクリーンの制作ができる設備が整っています。

木工房や塗装室では、木材加工のための機器が揃っていて大きな家具も制作できるスペースが用意されています。

他にも写真工房やスタジオ、デジタル工房、ファブスペース、映像工房、図書室などがあります。


就活サポートがあり安心

履歴書の書き方から就活の基本マナー、模擬面接、と丁寧にサポートがあります。

ポートフォリオの制作サポートもあるので、面接の際に活用できます。


阿佐ヶ谷美術専門学校の各学科・コース・募集定員について

学科・コース・募集定員
  • デザイン学科
    • 視覚デザインコース
    • リビングプロダクトデザインコース
  • コンテンツ学科
    • キャラクターデザインコース
    • 映像メディアコース
  • アート学科
    • イメージクリエイションコース
    • 絵画表現コース
  • 研究科
    • 学術造形科目(選択科目)

学科の定員と修業年限

学科修業年限定員
デザイン学科3年40名
コンテンツ学科3年40名
アート学科3年40名
研究科1年40名

阿佐ヶ谷美術専門学校の学費について

学費・その他の費用
入学金200,000円

入学金は全科共通で20万円

授業料85万円
施設設備費18万円
教育実習費15万円

ポイント

専門学校の初年度納入金の平均金額は125.5万円。(スタディサプリ進学調べ)

阿佐ヶ谷美術専門学校の初年度納入金の目安は118万円程度となるでしょう。

また、1年生の研究科は学費が異なります。

研究科
授業料70万円
施設設備費15万円
教育実習費10万円

そのほかに必要な費用

この学校では、学費以外に以下のような費用も必要になります。

  • 教科書・学用品費
  • ソフトウェア購入 約15,500円/年
  • 健康管理費 10,000円
  • パソコン購入費 150,000~200,000円

パソコンは学校指定のもの(Apple社製)を準備する必要があります。

詳細についてはパンフレットや入学時に案内されます。

学校情報を把握するためにも、パンフレットの確認や学校イベントへの参加をしておきましょう!


阿佐ヶ谷美術専門学校の入試・選考情報

入試・選考情報
  • AO(自己推薦)
  • 特別推薦
  • 高校推薦
  • 指定校推薦
  • 一般選考

が入試選考区分となります。

特別推薦は、入学金の全面免除を受けることが可能。

ただし総合評定平均値3.2以上の方が対象。

そのほかの選考では成績基準はありません。

各専攻区分によって書類選考や面接、ポートフォリオ提出が必要です。


大学生・社会人の学びなおしについて


編集長

私も20代半ばで学びなおしのため「専門学校」を選んだ1人です。


社会人からの挑戦は課題も山積みですが、学生の頃よりも学習意欲が高く、何を学んでも新鮮。

もっと早く挑戦しておけばよかったとさえ思いました。

学びなおしには様々な方法がありますが、専門学校は短期間で専門スキルや資格を習得し、キャリアサポートまで受けられます。

全く未経験の業界でも、安心して学び始めることができるようにカリキュラムが組まれているのも嬉しいですね。

最近では、国を挙げて社会人からの学びなおしや職業能力の向上を図る施策に力を入れていて、経済負担を軽減できる奨学金や給付制度なども整ってきています。

ぜひスキルアップの一歩に専門学校も選択肢に入れてみて下さい。



阿佐ヶ谷美術専門学校の口コミ評判

安心して通えます

歴史があって卒業している先輩も沢山いるので安心して通えます。指導講師もホームページで紹介されていたので入学前に知れて安心感がありました。

就職サポートが手厚い

就職のサポートを手厚くしてもらえてよかったです。先輩のポートフォリオも見せていただけて参考になりました。

学びたいことを学べる学校

コースが細かく分かれていて学びたいことをしっかり学べるのは良かったです。

レベルは…

入学試験で実技はないので、誰でも入れる美術系の専門学校という感じがあります。実技がある学校の方がレベルは高い気がします。

先生と距離が近い

先生と生徒の距離が近い感じ、コミュニティに交われないと孤立しそうです。

阿佐ヶ谷美術専門学校のまとめ

口コミ評判や学校詳細まとめ

阿佐ヶ谷美術専門学校は、3年間かけてしっかりとデザインやアート、映像について学ぶことができる学校です。1年次に大まかな基礎を学ぶことで、自分が進みたい方向を決めていくことができるようになっているので、途中で進みたいジャンルが変わっても、軌道修正して2年次から挑戦ができます。設備が整っていて、学校内で様々な制作物をつくりあげることができるので、しっかり技術が身につきます。デザインやアート、映像業界で活躍したいという人は、学校説明会に参加してみると良いでしょう。

阿佐ヶ谷美術専門学校と比較したい!おすすめスクール紹介

専門学校にはそれぞれの特色を生かした学科専攻があります。

また、

  • 地元で学びたい/就職したい
  • もっと高度なスキルを身に付けたい
  • 目指す職業(企業)がある
  • 費用も比較したい
  • 人気のある学校を選びたい

など、学生が学校に求めるものも様々です。

スキル習得や希望の就職・転職を成功させる秘訣は、自分の環境に合った学校選びができるかどうかです。

進学を目指している高校生・大学生は、できる限り具体的に将来像を描いて、夢に近づける学校選びをしたいですね。

社会人には仕事や家庭とのバランスも考え、限られた時間で積極的に学べるオンラインスクール夜間通学可能なスクールも人気があります。

日本には学べる環境がとても多く用意されています。

学校選びはいくつか希望の学校をピックアップし、情報収集やオープンキャンパス、体験レッスンなどを通して比較検討することも大切です。

あなたをサポートしてくれる家族とも情報を共有できるように、必ず資料請求もしておきましょう。

専門性を高めて、理想の将来像を実現できることを応援しています。


9月!今なら
\ AO入試に間に合う! /

資料請求TOP3!
デザイン・クリエイター系学校

アミューズメントメディア専門学校
認可校だから国の学費支援も対象!安く学びながら在学デビューのチャンスを掴もう

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

代々木アニメーション学院.
▶アニメ、クリエイタースキルならこの伝統校!12万人の卒業実績と地元で学べる環境が魅力

-専門学校
-,