専門学校

大阪アミューズメントメディア専門学校の口コミ評判は?偏差値や倍率、学科・学費も徹底解説

この記事では、大阪アミューズメントメディア専門学校を検討している方向けに、偏差値や入試倍率、学校の口コミ評判をまとめて紹介しています。

大阪アミューズメントメディア専門学校はアニメやマンガなどのポップカルチャーが学べる認可校の中でも、知名度か高く、業界とのつながりも強い学校です。

入学を検討している場合は学校・学科の詳細や、アドミッションポリシー(学校が求める学生像)をきちんと理解して、夢に向かって一歩を踏み出す準備を始めましょう。

卒業生の口コミ評判を見たり、パンフレットの取り寄せ(無料)やオープンキャンパスを通じて、あなたに合う学校かチェックしていきましょう!

編集長

認可校なので学費支援制度も対象です!


\夏休みを利用して行動する人多数!/

アミューズメントメディア専門学校の資料
AMGのパンフレットは90ページ以上!

大阪アミューズメントメディア専門学校は大学のような学力試験は行っていませんが、本人のやる気や適性を見極める選考を行っています。

願書受付も一定数を越えると募集終了入試倍率よりも早めの情報収集と行動がポイントです

オープンキャンパスへの参加がメリットになることも多いので、学校の情報収集や資料請求は必須です。

無料の資料請求は
\ 必ず公式サイトから /

この学校の資料を請求する


大阪アミューズメントメディア専門学校の3つの特徴

学校の特徴

大阪アミューズメントメディア専門学校は「夢を夢で終わらせない」をコンセプトに、メディア系クリエイターの育成に力を入れている大阪の専門学校です。

各学科2年で就職やデビューを目指す学生を全力でバックアップ。

グループ企業での作品制作に参加したり、各業界でのプロジェクト・共同制作を通して実践力を鍛えることができるなど、卒業後も即戦力となるレベルのクリエイターを育成。

姉妹校のアミューズメントメディア総合学院も声優を目指す学生には有名で、大手のプロダクション所属をする先輩も多く輩出している実績があります。

各クリエイター業界を最短で目指している人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

学校の特徴としては

  • 産学共同で在学中から活躍する人材へ
  • 専任スタッフによる就職・デビューシステム
  • 全国から学生が集まる学校

などがありますので、詳しく見ていきましょう!



産学共同で在学中から活躍する人材へ

大阪アミューズメントメディア専門学校では、企業だけでなくAMGグループ全体で「産学共同現場実践教育」を実施。

通常であれば学校を通して企業プロジェクトなどに参加する産学教育ですが、AMGでは学校のグループ企業の作品制作にも学生が参加するチャンスがあります。

在学中から様々なプロの現場を経験しておくことで、卒業後の就職やデビューに直結する道を開いていくことが可能

実際に在学中からゲーム開発実習(共同制作)に取り組む先輩や数多くの作品事例・実績も多くあります。



専任スタッフによる就職・デビューシステム

大阪アミューズメントメディア専門学校では、2年で基礎から実践力を磨き、就職・デビューを叶えられるように様々な支援サポートが充実。

入学と同時に就職・デビュー活動が開始、1年次から批評会や投稿/持ち込み指導、インターンシップなどが始まります。

忙しい学生生活になりますが、本気で就職・デビューを目指すなら早い段階から現場で求められるレベルやスキルを知っておきたいですね。

専任の就職スタッフが常駐していて、最新情報を入手できる体制も整っています。

プロダクション所属を目指す学生に対しても、75以上のプロダクションを招いての学内オーディションでサポート、プロモートレッスンやオーディション対策など、1人1人に必要な個別相談、個別指導も行っています。

就職・プロダクション所属の実績例:(株)Cygames(株)スクウェア・エニックス(株)セガゲームス(株)バンダイナムコスタジオ(株)フロム・ソフトウェア(株)ミクシィ エックスフラッグスタジオ(株)レベルファイブ 青二プロダクション 81プロデュース 大沢事務所 賢プロダクション サンミュージック シグマ・セブン/シグマ・セブンe ぷろだくしょんバオバブ【一部抜粋】



OB・OGネットワークで卒業後も変わらないチャンス

多くの卒業生が業界の第一線で活躍しているアミューズメントメディア専門学校ですが、必ず全員が就職やデビューの夢をつかめる世界ではありません。

また、就職した後に進路変更のために離職する場合もあるため長い目で見たバックアップサポートがあるのは安心。

卒業しても在学中と変わらないチャンスがあります。

具体的には「OB・OGネットワーク」を発足し、卒業後もプロとの共演や出版社を通じたコンテンツ制作に携わることが可能。

卒業生の参加作品をテレビCMや雑誌広告、各種SNSなどで紹介したり、ビジネス交流やフリーランス活動にも活かせる懇親会なども開催。

スキルアップのための特別講義・卒業生同士のパイプ作り、AMGだけの非公開求人の紹介や転職サポートなども充実しています。


この学校の資料を請求する



大阪アミューズメントメディア専門学校の口コミ評判

応援しています

卒業生です。
自分で選んだ道を突き進んでほしいと思います。 夢をおいかけるという事にはやっぱり不安があって、悩んだり迷ったりすることは沢山あります。
でも自分で時間をかけて出した答えはどんなものでも正解だと私は思います。 なので、自分で選択した道を突き進んで欲しいと思いますよ。

Yahoo!知恵袋より一部抜粋

人生をガシャっと変えた場所

社会に出る前に、同じ意識を持った仲間とゲーム制作を学び今の仕事の基礎を育み、数多くのチャンスをくれた場所です。

公式HP卒業生の声より一部抜粋

大阪アミューズメントメディア専門学校の詳細・学費

出典:大阪アミューズメントメディア専門学校
  • ゲームプログラマー学科
    • ゲームプログラミング専攻
    • ゲームAI専攻
  • ゲームクリエイター学科
  • ゲーム・アニメ3DCG学科
  • アニメーション学科
    • アニメーター・監督専攻
    • 制作・プロデューサー専攻
  • キャラクターデザイン学科
  • マンガイラスト学科
  • 小説・シナリオ学科
    • ライトノベル専攻
    • 文芸小説専攻
    • アニメ・ゲームシナリオ専攻
  • 声優学科




学科の定員と修業年限

学科修業年限定員
ゲームクリエイター学科2年30名
ゲームプログラマー専攻2年40名
ゲーム・アニメ3DCG学科2年40名
アニメーション学科2年40名
キャラクターデザイン学科2年40名
マンガイラスト学科2年40名
ノベルス文芸学科2年40名
声優学科2年210名

学科はすべて2年制。

最短で業界への就職やデビューを目指せるように、スキルアップと就職活動を並行して行っていくスタイルです。

姉妹校のアミューズメントメディア総合学院にも声優学科があり、こちらは認可を受けない一般教育機関になります。

無認可校と認可校の何が違うかと言う点では、代表的なものとして

  • 日本学生支援機構による奨学金制度がない(ただし、学校によって支援制度を設けている場合がある)
  • 学割が使えない
  • 卒業時の学歴付与(専門士など)がなく、大学への編入ができない。
  • 柔軟な教育体制が取れる
  • 受験資格では学歴や年齢を問わないことが一般的

などがあります。

また、AMGは声優科を有する学校の中でも所属・デビューの可能性が高いとも言われています。

学校パンフレットなどでも卒業生の進路や実績などを確認することができるので、ぜひ学校選びの参考にしてみてください!

無料の資料請求は
\ 必ず公式サイトから /

この学校の資料を請求する



学費について

入学金10万円

入学金は全科共通で10万円

授業料85万~90万円
施設設備費20万~25万円
演習実習費10万から13万円

選択する学科によって異なりますが、初年度納入金額の目安は128万円~138万円程度となるでしょう。

詳しい学費詳細は学校の資料請求、学校のオープンキャンパスなどでも確認することができます。

ポイント

専門学校の初年度納入金の平均金額は125.5万円。(スタディサプリ進学調べ)

一般的な専門学校の初年度納入金と比較しても、同等レベルの学費であることが分かります。

当サイトでも100以上のスクールや専門学校を紹介していますが、クリエイタースキルを学べる学校は、設備費なども高くなる傾向があます。

大阪アミューズメントメディア専門学校は比較的学費が抑えられている印象です。



その他費用

その他の費用として初年度は約20万円が必要になります。

  • 教材費 15万3000円
  • 学校行事費 3万5000円
  • 学校生活費 1万5000円
  • 校友会費 1万2000円


また、校外学習や見学、各種検定試験の受験料なども都度徴収となります。



学費サポート制度

大阪アミューズメントメディア専門学校は「高等教育の就学支援新制度」(高等教育無償化)の対象校となります。

この制度は、経済的な理由で進学を迷っていたり、進学をあきらめることがないように、国から学費支援を受けることができる制度です。

支援対象は世帯収入によって異なりますが授業料や入学金の減免、返還不要の給付型奨学金を利用することが可能になります。

日本学生支援機構≫

文部科学省≫

そのほかにも各種奨学金や教育ローンを利用することができ、特待生入学の学生は最大2年間の授業料全額免除が受けられるなど学校独自の就学支援を受けることも可能です。

専門学校は学費が高くなる傾向があります。

利用できる制度や支援をしっかり知って、チャンスを活用しながら無理なく進学の道を進んでいきたいですね。




大阪アミューズメントメディア専門学校のオープンキャンパス

大阪アミューズメントメディア専門学校では月に数回、講座を体験できるオープンキャンパスを開催しています。

オープンキャンパスは来校またはオンラインで参加することが可能。

入学後にどんなことが学べるか、自分の目で見て体験することのできるオープンキャンパスは参加しておきたいイベントの一つです。

オンラインでの参加の場合は学校の説明や希望学科のカリキュラム紹介がメインになりますが、気になることなどはLINEチャットでの相談会も実施されていますので、気軽に問い合わせてみましょう。




大阪アミューズメントメディア専門学校の入試・選考情報

  • 早期出願制度/AO入学制度
  • 推薦入学
  • 一般入学
  • 併願入学

上記が出願区分となります。

早期出願制度/AO入学制度は、大阪アミューズメントメディア専門学校を専願エントリーする学生向けの出願方法です。

エントリーシートは学校説明会やオープンキャンパス時無料配布されてるので、学校のイベントには一度参加しておきたいですね。

選考方法は面談のみ。

アドミッションポリシー(学校が求める学生像)を確認して、自分が何を学びたいか、どんな目標を持っているかなども説明できるように準備しておきましょう!

学科によっては募集定員が少ないです。

気になっている人は早めの資料請求をしておくことをおすすめします。

無料の資料請求は
\ 必ず公式サイトから /

この学校の資料を請求する



大学生・社会人の学びなおし・再進学について

  • 一度就職したけど夢を諦められない
  • 専門学校や大学に進んだけど、学びなおしたい

そんな学生や社会人も多いのではないでしょうか。

大阪アミューズメントメディア専門学校では、在校生の3人に1人が大学や短大、専門学校、社会人からの再入学です。

様々な経歴や年齢の方も多く学んでいます。

多くの学びなおし・再入学を受け入れている実績もあり、大学生・社会人のための個別相談会などサポートも充実。

学費面でも奨学金制度が整っています。

編集長

私も20代半ばで学びなおしを選んだ1人です。

社会人からの学びはとても貴重な経験でした。


社会人からの挑戦は課題も山積みですが、学生の頃よりも学習意欲が高く、何を学んでも新鮮。

もっと早く挑戦しておけばよかったとさえ思いました。

学びなおしには様々な方法がありますが、短期間で専門スキルや資格を習得し、キャリアサポートまで受けられる学校なので将来にもつながりやすい環境です。

全く未経験の業界でも、安心して学び始めることができるようにカリキュラムが組まれているのも嬉しいですね。

ぜひスキルアップの一歩に検討してみてはいかがでしょうか。

2分でできる
\ 無料資料請求 /

この学校の資料を請求する





大阪アミューズメントメディア専門学校のまとめ

口コミ評判や学校詳細まとめ

大阪アミューズメントメディア専門学校はゲーム業界・マンガ、アニメーション、声優を目指す学生が多く集まる専門学校です。

特にAMGの声優学科は多くの卒業生が有名声優事務所への所属やデビューを果たし、全国的にもレベルの高い声優志願者が多く集まっています。

現役で活躍するプロの声優から学ぶことで即戦力レベルの力を身に付けることができる環境も魅力。

また、各学科では学校の系列企業の作品制作に参加できたり、産学共同のプロジェクト参加などを通して就職やデビューを目指すことができる仕組みも学校の強み。

多くのプロダクションを招いての学内オーディションや持ち込み・投稿指導など就職・デビュー支援が充実しているのも特徴的ですね。

認可校でこれだけの環境が整っているのは、姉妹校のアミューズメントメディア総合学院の実績も大きいでしょう。

2年で確実にスキルアップしてプロを目指すなら、一度大阪アミューズメントメディア専門学校について詳しい資料請求(無料)をしてみてはいかがでしょうか。

学校パンフレットでは卒業生たちの進路や詳しい学科内容などが紹介されています!


2分でできる
\ 無料資料請求 /

この学校の資料を請求する



大阪アミューズメントメディア専門学校と比較したい!おすすめスクール紹介

専門学校にはそれぞれの特色を生かした学科専攻があります。

また、

  • 地元で学びたい/就職したい
  • もっと高度なスキルを身に付けたい
  • 目指す職業(企業)がある
  • 費用も比較したい
  • 人気のある学校を選びたい

など、学生が学校に求めるものも様々です。

スキル習得や希望の就職・転職を成功させる秘訣は、自分の環境に合った学校選びができるかどうかです。

進学を目指している高校生・大学生は、できる限り具体的に将来像を描いて、夢に近づける学校選びをしたいですね。

社会人には仕事や家庭とのバランスも考え、限られた時間で積極的に学べるオンラインスクール夜間通学可能なスクールも人気があります。

日本には学べる環境がとても多く用意されています。

学校選びはいくつか希望の学校をピックアップし、情報収集やオープンキャンパス、体験レッスンなどを通して比較検討することも大切です。

あなたをサポートしてくれる家族とも情報を共有できるように、必ず資料請求もしておきましょう。

専門性を高めて、理想の将来像を実現できることを応援しています。


9月!今なら
\ AO入試に間に合う! /

資料請求TOP3!
デザイン・クリエイター系学校

アミューズメントメディア専門学校
認可校だから国の学費支援も対象!安く学びながら在学デビューのチャンスを掴もう

総合学園ヒューマンアカデミー
9割を超える進路決定率!企業提携を生かした学びで就職に一直線!就職で選ぶならこの学校!

代々木アニメーション学院.
▶アニメ、クリエイタースキルならこの伝統校!12万人の卒業実績と地元で学べる環境が魅力

-専門学校
-,